【猫】猫を飼う前に不安になる事を解決

猫を飼う不安猫と暮らす
猫を飼う不安

「猫を飼いたい」と思う人は多いのに、何故飼わないのでしょうか。飼うまでに不安を抱くからだと思います。「猫を飼う前に不安になる事」を解決へ導きます。

目次から不安に思っている項目だけ読んでいただいても結構です。参考になれば幸いです。

【注意】これを読む事すら面倒だと感じる方は、猫を飼うのに向いていないかもしれません。日々の餌やりや手入れなど、お世話がいっぱいです。猫を写真を見て過ごす方が、あなたと猫にとって幸せかもしれません。

スポンサーリンク

猫を飼うと不幸になる?

 もちろん不幸が訪れます。覚悟してください。

  • 早朝にご飯で起こされる!踏まれる!
  • 寝てるとお腹に乗って圧迫してくる!
  • 作業していると寄ってきて邪魔をする!
  • 電話が掛かるたびに「ニャー」という妨害!
  • ご飯を奪ってくる!
  • 膝の上に乗られて暑い!

え?幸せ?なら大丈夫です。

猫を飼うと結婚できない?

一人暮らしで猫を飼っている人の場合、猫を飼っていることを公言すればいい。付き合ってから猫が居ると、猫が好きでない人は離れて行ってしまいます。猫好きは五万といるので、お互い猫が好きな人を選びましょう。

動物好きが結婚して猫を飼う事はもちろん可能。犬派だったけど、意外と触らせてくれる猫に大満足です。

猫が要因になって切れる縁はあるでしょう。
しかし、猫が居るから縁が生まれる事もある。
プラスマイナスはゼロです。

猫は懐かないって本当?

猫にとっては「同じ家に人間が同居してる」だけです。それも性格によって行動が変わります。飼い主にどんな感情を抱いているか想像してみましょう。

  • 甘えたい猫  ➡ いつも甘やかしてくれるやつ
  • 世話焼き猫  ➡ ほら餌取ってきてやったぞ。「セミ」ぽいっ!
  • ツンデレ猫  ➡ 「撫でないで!」、「でも嫌いじゃないからもっとやりなさいよ」
  • 臆病な猫   ➡ 「人間大きい。怖い。来ないで」、「シャー!」
  • マイペース猫 ➡ 「私はやりたい事をするわ」、「あなたも好きにするといいわ」
  • やんちゃ猫  ➡ 「登るぜ!」、「飛ぶぜ!」、「おもちゃ動かせ!」

こちらの意のままに動く事はありません。甘える猫は少数派です。
同居人として過ごす覚悟をしてください。
甘えてきたら心臓が爆発します。

猫は一人暮らしでは飼えない?

結論から言うと飼えます。ただし通常よりお金が掛かります。その点は留意してください。

注意すべき事があります。一人暮らしで起こりうる、以下の点に気を付けてください。

  • 長時間家を留守にする ➡ 餌を自動給餌機で与える。寂しさを緩和してあげる。
  • 出張がある      ➡ ペットホテルに預ける。シッターさん、親御さんに任せる。
  • 旅行が出来ない    ➡ ペットホテルに預ける。シッターさんに任せる。
  • 猫の病気       ➡ 仕事を休む覚悟が必要。

誰かがお世話をする必要があるため、出来ない時の対策が必要です。
その分、多めに費用が掛かることを認識してください。

猫は子供が居ても猫は飼える?

4歳、2歳の子供が居ましたが、問題なく飼えます。子供達には最初に言い聞かせたことがあります。

  • 猫は自分よりも小さく、赤ちゃんのように扱うこと
  • 自分が痛い事は、猫はもっと痛い
  • 猫から近づいて来たときだけ触ること

お迎えしてすぐはケージに入れてしましたので、子供たちもその間にこれらの約束が守れるようになりました。

猫は犬より手間が掛からないって本当?

「散歩が必要ない」、「構っての時間が短い」という点で、手間は掛からないです。食事、トイレ、などはお世話は変わりません。

猫は長毛の場合はブラッシングが必要です。犬も犬種によってはトリミングが必要になりますので、体毛のケアが必要という観点では大差ないでしょう。

猫は見とれる時間が長くなっちゃう ➡ それだけはしょうがない

猫はお金が無くても飼える?

初期費用が5万円、毎月6千円、年間15万円(健康診断、ワクチン、去勢・避妊)少なく見積もっても、このぐらいは必要です。もっと節約する事は出来るでしょうが、時間をかけて猫の費用を節約しても幸福感は得られません。

  • 働く時間が少なくなる   ➡ 収入が減る
  • 節約のために時間をかける ➡ 猫と過ごす時間も少なくなる

生活の基盤を作ってから猫をお迎えしてください。
得られる
幸福感は2倍、3倍・・・。もっとかもしれません。

猫を飼うには部屋が狭くても大丈夫?

1Kの6畳間程度でも飼うことは出来ます。もちろん犠牲もあります。

  • 広さ:ベッド、テーブル、テレビ台、ケージ ➡ 残るのは通路ぐらい
  • 運動するスペースが確保出来ない ➡ ある物の上を駆け回る
  • 小物に悪戯される ➡ 整理整頓が必要不可欠

猫の居る空間を確保していないと、人の空間と共有になります。
飼うことは可能ですが、覚悟のうえでどうぞ。

猫アレルギーでも飼える?

結論としてはオススメしません。大変です。好きなのどうしてもというならやるべき事は以下の通りです。 猫の アレルギーは毛やフケなどによって引き起こされます。それらへの対策です。

【注意】一般的に言われている対策を記載しますが、アレルギーも重度になると喘息などをひきおこします。アレルギーの程度によって医師と相談して実施してください。

  • フローリングにする
  • カーペット、ラグは置かない
  • 布製品は極力置かない
  • 寝室には入れない
  • 月1回程度はお風呂に入れる
  • 抜け毛の少ない短毛種にする
  • ロボット掃除機を導入する

なるべくアレルギー症状が出にくいようにする他ありません。
覚悟も費用も時間も必要です。
何度も言いますが大変です。

猫を飼うデメリットってある?

全ての事象にメリットとデメリットは存在します。書き出すと以下のようなものがあります。

  • お金が掛かる
  • お世話に時間を取られる
  • 長時間家を空けにくい
  • アレルギーが発症する確率が上がる
  • 猫中心の生活になり、猫のために家をレイアウトが変わったりする

「猫中心になる」ため、お金と時間が掛かります。
ただし、幸せです。 補って余りあるメリットです。

猫で部屋がボロボロ?

爪とぎの場所が決まっていない場合は、ボロボロになる物が出てきます。お気に入りの爪とぎを探しましょう。我が家でも、材質は段ボール→麻で落ち着きました。場所は、キャットタワーに巻くタイプにしました。段ボールも1つ置いています。

線や小物は噛まれる確率が高いです。なるべく隠すように配置することをオススメします。ボロボロになる前に対策をすれば大丈夫です。

ソファも標的になりやすいです。爪とぎやおもちゃを持っていって蹴りけりしますね。

唯一カーテンクライムだけは防げてません。レースカーテンは被ダメあり・・・。

大半は対策を打っておけば防げます。
皮、布、段ボールは狙われやすい。

家具や小物の素材には気を付けましょう。

猫の抜け毛って酷いの?

 短毛種:たまに落ちてるなと思う程度で気になりません。換毛期は抜け毛除去とお風呂で対策

 長毛種:普段からすごいです。絶対どこかに落ちています。換毛期は猫が1匹増えます。

長毛種を飼う場合は、掃除のしやすい環境を作っておいてください。ロボット掃除機は本当におすすめです。

猫が居ると物がなくなる?

行方不明になった事があります。遊んで動かしてソファの下で発見されます。

室内飼いの場合は完全になくなる事はないです。探せば見つかります。

猫がトイレを失敗して汚れる?

猫はトイレの場所を決める場合がほとんどです。室内外を行き来する猫でも、トイレだけは家に戻ってする猫もいます。

失敗する場合はあります。

特に子猫のうちは多いです。ペットショップなどで貰った砂をトイレに入れてあげると成功率はあがります。トイレだと認識しやすいです。粗相は見守るしかない場合もあります。

成猫の場合はかなり少なくなります。ほぼ心配する必要はなくなります。

長毛の猫の場合はお尻の周りに付いたりします。酷いようならお尻周りの毛をカットしてあげれば防げます。

子猫の時は要注意ですが、成猫になれば失敗は少ないです。

タイトルとURLをコピーしました