【家電】Eufy RoboVac L70 Hybridのレビュー

Eufy RoboVac L70 Hybridレビュー家電
スポンサーリンク

Ankerの家電ブランド「Eufy」から、新たなロボット掃除機が発売されました。「Eufy RoboVac L70 Hybrid」です。早速購入して試してみましたのでご紹介します。

Eufy RoboVac L70 Hybridレビュー
aisu
aisu

猫を飼っているので、毛の取れ具合と猫の様子も合わせてご紹介します。

>>商品ページを見る

Eufy RoboVac L70 Hybridの特徴

yosh
yosh

吸引と水拭きを両方こなす凄いロボット掃除機が出たよー!

しかも、モンスター級のコストパフォーマンスだよ

aisu
aisu

何がそんなに凄いの?もうちょっと説明してよ。

というわけで、まずは簡単に特徴をご紹介していきます。

1.レーザーセンサーによる「マッピング」機能

Eufy RoboVac L70 Hybrid_レーダー

「Eufy」からはこれまでにもロボット掃除機が発売されてきましたが、待望の「マッピング」機能を搭載した製品が発売されました。ルンバなどのハイグレードモデルに搭載されていました。

yosh
yosh

マッピングすることで無駄なく効率的に掃除してくれるんです!水拭き禁止、進入禁止も設定できちゃいます。

2.吸引機能と水拭き機能「モッピングモード」

掃除機が備える吸引に加えて、水拭きが可能になりました!モップモジュールを装着することで水拭きが可能な「モッピングモード」になります。

Eufy RoboVac L70 Hybridレビュー

うっすらと水拭きしてくれているのが分かるでしょうか。

yosh
yosh

しかも吸引した後に水拭きしてくれるので、丁寧に2度掃除してくれます。

aisu
aisu

自分でやる手間を考えたらゾッとするわ・・・

3.コストパフォーマンスの高さ

定価は54,800円で発売されました。マッピング機能が搭載されたルンバのi7、900シリーズと比べても安いことが分かります。

Eufy RoboVac L70 Hybrid54,800円
アイロボット ルンバi7(クリーンベースなし)98,064円
アイロボット ルンバ96168,610円
iRobot ブラーバジェットm675,470円
9月14日時点のAmazonで調査

ルンバ961(マッピングして吸引する)+ブラーバジェットm6(水拭きが出来る)=RoboVac L70

2つ同時に買ったようなものです。ルンバ961とブラーバジェットm6で144,800円。

yosh
yosh

コストパフォーマンスモンスターです!

Eufy RoboVac L70 Hybridの外観と付属品

見た目は最近のロボット掃除機のスタイリッシュさを備えています。革新的なデザインとはいきませんでしたね。でも、白で清潔感があり好印象です。思ったより大きくて通れない場所も出てきそうです。実寸で直径34.8㎝でした。

  • 本体
  • 充電ステーション
  • 充電アダプタ
  • 防水パッド
  • モップモジュール
  • 取扱説明書、クイックスタートガイド

付属品は必要最低限という感じです。説明書は正しい日本語で必要十分な記載があります。

Eufy RoboVac L70 Hybridの初期設定

開封したら充電ステーションの場所を決めましょう。ある程度広さが取れる部屋の角に設置するのが良いと思います。まずは本体をフル充電しましょう。

Eufy専用のスマホアプリ「EufyHome」は、iOS版とAndroidが版用意されています。ご使用のスマホに合わせてダウンロードしてください。

EufyHome

EufyHome

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

「EufyHome」にサインアップし、デバイスを追加してください。

Eufy RoboVac L70 Hybridの使用感

吸引力

隅に丸い猫砂を置いています。回転ブラシは仕事をしているようです。部屋の角にはどうしても届いていません。

Eufy RoboVac L70 Hybridレビュー

事前に採取した猫の毛をカーペットに刷り込んだところ、もれなく吸っていました!

aisu
aisu

これなら猫の毛は任せても大丈夫ね!

水拭き性能

水拭きによって細かい粉やホコリを拭き取ってくれるため、仕上がりがサラッとして気持ちがいいです。


yosh
yosh

モッピングモードの性能が分かりにくかったので、検証画像を追加しました!

正方形の中に小麦粉をまきました。動きは「奥→手前→Uターン→奥」です。

※1回モップに水が染み込んでいない状態で掃除を開始してしまったので、小麦粉が伸びています。これは私の操作手順のミスですね・・・。

yosh
yosh

想像以上に綺麗になりました!流石に目地には少し残りました。

aisu
aisu

頑張ってくれたけど、小麦粉をブチまけたら手で掃除しましょう(笑)


Eufy RoboVac L70 Hybridレビュー

モッピングモードの場合は水拭き禁止エリアを設定した場所は掃除しません。上の画像で水拭き禁止エリアはカーペットです。 水拭き禁止エリアの右上に掃除出来る余地が残っていますが、水拭き禁止エリアを通らないとたどり着けないため赤枠の部分しか掃除しませんでした。

yosh
yosh

想像していたより賢いです!

動作音

吸引設定が4段階ありますので、それぞれ計測した結果を記載します。1m以内で計測しています。

静音:60.3dB

標準:61.8dB

ターボ:65.6dB

最大:68.3dB

Androidアプリの「Sound Meter」を使用して計測しました。

騒音の大きさの目安は以下の通り。

20dB:木の葉がすれる音、ささやき
30dB:ささやく音、深夜の郊外
40dB:静かな住宅街、図書館
50dB:静かなオフィス、換気扇(1m)
60dB:話の音、デパート店内の騒音
70dB:騒がしいオフィス、電話着信音
80dB:地下鉄の騒音、掃除機
90dB:騒々しい工場の中、掘削機
100dB:列車の通過時の周囲の雑音
110dB:車のクラクション、工事現場
120dB:苦痛を伴う音の強さ

サイクロン掃除機(panasonicのMCSR35G-N)が「70.4dB」でした。音が大きいと言われるダイソンの掃除機は標準モードで「80dB」のようです。

掃除機なのである程度の音はします。掃除機としては少し静かと言えるでしょう。

yosh
yosh

動いている時でも普通に会話出来るレベルでした

Eufy RoboVac L70 Hybridレビュー

猫が音を怖がるかと思いましたが、回転ブラシで遊びだす始末です(笑)

aisu
aisu

レビューは関係無いですが、猫との戯れをご覧ください。猫の可愛さを布教したいだけです(笑)

もみじかえでの日常#2 ロボット掃除機との戦い

Eufy RoboVac L70 Hybridの評価

性能5
メンテナンス5
コストパフォーマンス5
専用アプリ4
総合評価4.8

専用アプリは最初接続が上手くいかず苦戦したので、星1つ下げています。接続出来てしまえば、使い勝手は良いと思います。

Eufy RoboVac L70 Hybridのまとめ

吸引力だけで考えると少し弱いですが、「モッピングモード」を使うことで綺麗になります。合わせ技で完璧に仕上げるように設計されているようです。

猫の毛もしっかり吸ってくれていました。これならペットを飼っているご家庭でも活躍してくれますね。

音も掃除機としては小さい方です。猫達もそれほど怖がっている様子はありません。なんなら回転ブラシに飛び掛かってました(笑)

吸引、水拭きのハイブリッドで、この価格なら買いでしょう!

yosh
yosh

これだけの性能とコストパフォーマンスなら文句無し!掃除も楽になるし最高でしょ!?

aisu
aisu

うん。褒めて遣わす。

yosh
yosh

ありがたき幸せ(上から過ぎませんか・・?)

もっと細かい機能の説明や、検証結果をまとめる予定です。

初期設定が上手くいかなかった部分があったので、別の記事でまとめています。

Amazonチャージ

◎Amazonギフトチャージのススメ

yosh
yosh

これ普通に知らなくて損してました。プライムの年会費を回収出来るぐらい使ってました・・・。

Amazonギフト券を現金でチャージする」と、最大2.5%のポイントが付与されます。現金とは、コンビニ・ATM・ネットバンクを指します。詳細はこちら

以下のポイント付与率ですので、Amazonプライム会員になった方がお得ですね。

Amazonチャージポイント付与率
ポイント付与率
aisu
aisu

現金で購入して初回チャージで1,000ポイントもらえるじゃん。やっておきなよ。

普段からよく使うならAmazonプライム会員になっておいて、チャージしておく方がお得です。

—BigChance!—

タイトルとURLをコピーしました