audio-technica ATH-ANC300TW レビュー|音質中毒者が続出!?

audio-technica_ATH-ANC300TW_icatchワイヤレスイヤホン

audio-technica ATH-ANC300TWの特徴

音楽を聴くためのANCと中毒音質

audio-technica_ATH-ANC300TW レビュー

audio-technica ATH-ANC300TW』を購入しましたので、レビューしていきましょう~!

ポイント

  • 音楽を楽しむためのANC(AirPods Proを5とすると、4程度)
  • 癖になる音質で手放せない存在になる
  • 見た目から想像できないフィット感の良さ

audio-technica ATH-ANC300TWの外観と付属品

質感の高いボディと充実のイヤーピース

audio-technica_ATH-ANC300TW レビュー

パッケージは、紙製で凄くシンプルです。

audio-technica_ATH-ANC300TW レビュー

ケースは、下がラメ感のあるプラスチックで、上はマットな質感のプラスチックです。落ち着いた色味で、大人な雰囲気を漂わせます。

サイズ感は、小さめですが、ポケットに入れるには重いです。鞄に収納する事になりそうです。充電ポートは、右側にType-Cポートが付いています。

audio-technica_ATH-ANC300TW レビュー

本体は、マットなプラスチックになっています。質感の高い仕上げになっています。

サイズは、結構大きく感じます。装着感は、別の項目で記載します。

audio-technica_ATH-ANC300TW レビュー

付属品は、充電ケーブル、イヤーチップ、クイックスタートガイド、取扱注意ガイド、Bluetooth製品をお楽しみいただくために、保証書です。

充電ケーブルは、Type-A to Type-Cです。イヤーチップは、標準が4サイズ(XS / S / M / L)、ComplyのPremium Memory Formが1つ付属します。

1,200円以上するComplyのイヤーチップが付属!お得でしかない!

audio-technica_ATH-ANC300TW レビュー

ケースと本体の重量は、64.6gです。AirPods Proが56.4gなので、そこそこ重量感があります。

本体は、片耳で7.2g、両方で14.4gです。重量だけで言うと、かなり重い部類です。装着感にどう影響するかが気になるところです。

audio-technica ATH-ANC300TWの性能

十分なANCと自然な外音取り込み

防水性

IPX2です。

しずくが掛かる程度は問題ないですが、ほぼ防水性能はないと思ってください。

連続再生時間

本体のみで4.5時間、ケース込みで18時間です。

通勤、通学などを想定すると十分な時間です。

ANCをONで6時間使用できる製品もありますので、もう少し長持ちすると良かったですね。

もう少し連続再生時間が長ければ理想的だった

コーデック

SBC、AAC、aptXです。

アプリから切り替える事も可能です。

遅延についての補足

aptXは70ms(0.07秒)、AACは120ms(0.12秒) 、SBCは220ms(0.22秒)

ノイズキャンセル

アクティブノイズキャンセル(ANC)を搭載しています。

音楽を聴くために、余計な音を省いてくれます。超強力というわけではないですが、十分に効果を感じます。

ノイキャンの切り替えに時間がかかるのは、ちょっと気になるポイントです。

実際に試したものと「効果音ラボ」さんから音源をお借りして検証します。ノイズとして除去されて欲しい音をピックアップしました。

計測は室内、平常時の騒音レベルは平均46.0dBです。PCの音量は30としています。

ノイズキャンセリングの効きの強さを検証するために、最高レベルのAirplaneで計測します。ノイズキャンセリングとオフを切り替えて確認します。

  • 実際の電車
    • ノイキャンの効果はかなり感じられます。Airplaneだと、アナウンスや金属音以外を少しだけ聞こえる程度に消してくれます。耳が痛くなるような感じもなく、音楽に集中出来ます。
  • 新幹線走行中 中から録音:平均58.9dB
    • 「シュゴー」という風切り音の響きが消えています(300Hz以下)。少し高めの「キーン」という音は、ほぼ変わりません(300Hz以上)。
  • キーボードの早打ち1 デスクトップPC:平均61.7dB
    • 300Hz以下を除去すると言っている通り、1000Hz~10000Hzの音なので、ほぼ変化しません。
  • マイクノイズ:平均56.7dB
    • ザ・ノイズといった感じの音です。少しだけ低音が消えています。音の主体は500Hz以上なので、大きくは変わらないです。
  • 実際の扇風機:平均57.3dB
    • 羽の回る音はかなり軽減されます。そのかわり、少しだけ風切り音が入るようになりました。

十分なノイキャンで、電車などの騒がしさを落ち着けてくれます。

ノイキャンの切り替えに時間がかかる

風切り音については、マイクで音を拾うのでしょうがないですね。

歩行やランニング時は、ノイズキャンセリングをオフにしましょう!

安全な場所で、音楽に集中する際に使用してください。

外音取り込み

ヒアスルーを搭載しています。クイックヒアスルーとヒアスルーがあります。

クイックヒアスルー

再生音量を下げて、外音を取り込みます。「急に話しかけられた」、「アナウンスが聴きたい」といった場合に便利です。Lを1回押して切替ます。

・ヒアスルー

再生音量を維持しつつ、外音取り込みます。アプリからノイズキャンセルをヒアスルーに切り替えて使います。

  • 外音
    • 音がかなり自然です。人との会話も余裕です。機械的な音の製品が多いので、非常に良いです。
  • 自分の声
    • どうしても籠ってしまいます。(耳を塞いでいるので当たり前ですが・・・)

外音取り込みの音が自然で、凄く使いやすい!

ワイヤレス充電

対応していません。

給電(モバイルバッテリー)

対応していません。

アプリ

Audio-Technica | Connect

Audio-Technica | Connect

audio-technica無料posted withアプリーチ

トップ
audio-technica_ATH-ANC300TW_アプリ

シンプルにまとまった画面で、分かりやすいですね。

コーデック

トップから「aptX」を押すと、この画面になります。プレーヤーが対応しているコーデックを選択できます。初期値はAUTOで、Pixel 3aはaptXになりました。

ノイズキャンセリング

トップからノイズキャンセリングの箇所を押すと、移動できます。ノイズキャンセリングを、「オフ」、「ノイズキャンセリング(オン)」、「ヒアスルー」のいずれかに切り替えます。また、強度も3段階に変更できます。

カスタマイズ

トップの製品画像の右に「>」から移動します。ファームウェアアップデートがある場合、トップでポップアップとこの画面でお知らせが表示されます。

カスタマイズから、各画面で設定を変更できます。

アプリのキーアサインで、右利き、左利きしか変更できないのは残念です。

audio-technica ATH-ANC300TWの装着感

大きさからは想像できないフィット感

aisu
aisu

本体の大きさの割に安定感があります。

yosh
yosh

標準でも十分なフィット感があります。COMPLYのイヤーチップで、さらにフィット感があがる人も居ると思います。

ボディ全体が程よく耳に当たり、重さを分散させています。大きさの割にずれる感じがしないので、バランスも上手く調整してありそうです。

大柄なのにフィット感がある絶妙なボディデザイン

ステムは高さ3mm(窪み:出っ張り=1.9mm:1.1mm)。直径5mmです。

イヤーチップの交換は可能です。「SONYのハイブリッドイヤーピースMサイズ」を試しました。ケースにも収まり、充電も可能です。

audio-technica ATH-ANC300TWの音質

定番のオーテクサウンドをではない!?

Pixel3aとaptXの組み合わせで検証を行いました。

この音質テスト用の音源で聞き比べています。音源は、どなたでも同じように検証できるように、YouTubeの動画としています。

付属の標準イヤーピースで検証します。

ベースの音量が低く設定されているため、他のイヤホンは50%で試聴しますが、75%で試聴しました。

  • 男性の声:クリアで聴き取りやすいです。
  • 動物の鳴き声:馬の鳴き声が「ブルブル」と震える感覚が、ありありと感じ取れます。
  • 太鼓の音:最後の音の余韻が印象に残ります。響きが綺麗です。
  • チェロの音:弦の響きが細かく再現されています。1音、1音がはっきりとしていて粒感があります。
  • ベル:つややかでキラキラとした印象です。音に張りがあると感じます。
  • ピアノ:メリハリがあり、躍動感があります。
  • 民族音楽:迫力のある響きを感じられます。アタック感は、それほど感じません。
  • オーケストラ:それぞれの楽器の音がしっかり聞き分けられます。

音の強さとしては、高音:3.5、中音:3、低音:4ぐらいのバランスです。

オーディオテクニカといえば、ソリッドなベース音が特徴と言われています。SOLID BASSシリーズの有線イヤホンと比べても、ニュアンスの異なるアプローチをしています。

ベースラインの低音はボリューミーで、幅が広い印象です。ただし、強調し過ぎてはいません。

低音は強調しつつも、中音や高音が局所的に主張してきます。曲の盛り上がりに合わせて、ボーカル音やハイハットが心地よく耳に飛び込んできます。

まとめると、低音を強調する傾向で、中音と高音に小気味よいポイントがあり、音楽全体のメリハリを生んでいる。

yosh
yosh

癖になる音で、完全にハマってしまいましたw

audio-technica ATH-ANC300TWの操作性

無駄なく整理された操作性

物理ボタン式です。

ボタンの反応は良好ですが、さすがに3回押す時は2回になる場合があります。慣れれば大丈夫だとは思います。

再生/停止Rを1回押す
次の曲Rを2回押す
前の曲Rを3回押す
音量を上げるLを2回押す
音量を下げるLを3回押す
電話応答/切るRを1回押す
着信を拒否するRを2秒押す
電源をONにするケースから取り出す
電源をOFFするケースに戻す、L/Rを4秒押す
ボイスアシスタントL/Rを3回タップ
ノイズキャンセル切替Lを1回押す
クイックヒアスルー切替Lを1回押す

クイックヒアスルーが、1ボタンで切替できるため使い勝手がいいです。長押しで切り替える機種は、すぐに切替られなくて使いづらさがあります。

クイックヒアスルーが使いやすく配置されている

audio-technica ATH-ANC300TWの評価

ブランドに恥じないANCイヤホン

音質(高音)4.5
音質(中音)4.5
音質(低音)5.0
連続再生時間(単体)4.0
操作性4.5
コストパフォーマンス4.5
総合評価4.5

音質は、軽めの低音重視です。中音と低音にも強調されたポイントがあり、音のメリハリを生み出しています。ベース音を楽しみつつ、ボーカルも際立っています。ダイアモンドライクコーティングのドライバーによって、くっきりした音が楽しめます。

ノイズキャンセリング機能は、十分に強く実用的です。外音取り込み機能も自然な音で、違和感なく使えます。

連続再生時間は、本体のみで4.5時間と他の製品と比べると短めです。ただ、通常の通勤・通学では、問題にはならないと思います。

操作性については、物理ボタンで誤操作が少なくなっています。良く使うクイックヒアスルー、音量調節が使いやすく配置されています。

コストパフォーマンスは、音質とANCを高レベルで実現しているので、十分に価値があります。ある程度お金を出せるなら、確実におすすめ出来ます。

音質とANCを高レベルで両立しており、価格に見合う価値がある!

audio-technica ATH-ANC300TWのまとめ

癖になる音質でお気に入り間違いなし!

audio-technica ATH-ANC300TW』は、いかがだったでしょうか~?

良かったところ、改善して欲しいところをまとめていきます。

  • 1,200円以上するComplyのイヤーチップが付属!お得でしかない!
  • 十分なノイキャンで、電車などの騒がしさを落ち着けてくれます。
  • 外音取り込みの音が自然で、凄く使いやすい!
  • 大柄なのにフィット感がある絶妙なボディデザイン
  • クイックヒアスルーが使いやすく配置されている
  • 音質とANCを高レベルで両立しており、価格に見合う価値がある!
  • もう少し連続再生時間が長ければ理想的だった
  • アプリのキーアサインで、右利き、左利きしか変更できないのは残念です。
  • ノイキャンの切り替えに時間がかかる
yosh
yosh

低音が楽しめるのはもちろん、メリハリのある小気味いい中高音の虜になりますよ!

Amazonチャージ

◎Amazonギフトチャージのススメ

yosh
yosh

これ普通に知らなくて損してました。プライムの年会費を回収出来るぐらい使ってました・・・。

Amazonギフト券を現金でチャージする」と、最大2.5%のポイントが付与されます。現金とは、コンビニ・ATM・ネットバンクを指します。詳細はこちら

以下のポイント付与率ですので、Amazonプライム会員になった方がお得ですね。

Amazonチャージポイント付与率
ポイント付与率
aisu
aisu

現金で購入して初回チャージで1,000ポイントもらえるじゃん。やっておいた方がいいね。

普段からよく使うならAmazonプライム会員になっておいて、チャージしておく方がお得です。

—BigChance!—

audio-technica ATH-ANC300TWの説明書

困ったときのやつ

アプリ内のクイックガイド分かりやすいので、貼っておきます。

困ったときにご活用ください。

audio-technica ATH-ANC300TWのファームウェアアップデート

ファームウェアをアップデートの手順が多かったので、実際の画面を貼り付けておきます。良ければ参考にしてください。

コメント