House of Marley REDEMPTION ANC|竹で個性を主張せよ!

House_of_Marley_REDEMPTION_ANC_icatchワイヤレスイヤホン

使うほど音が好きになって、聴きたい曲が増えていきます。今までに出会った事がない不思議な体験をしています。凄く楽しいです!

House of Marley REDEMPTION ANCの特徴

デザインと性能を両立した唯一無二のイヤホン

House of Marley REDEMPTION ANC」をレビューしてきましょう~!

yosh
yosh

デザインに惚れても、性能で選んでも、後悔しない製品ですよ!

ポイント

  • ANCを搭載した最新チップセット
    • 全ての処理が滞りなくスムーズ。aptXで遅延が少ない、音切れ皆無。
  • 外音取り込みが自然
    • 手持ち5機種中で、AirPods Proに次ぐ自然さ
  • 竹が目を引く個性的なデザインでコーナーで差を付けろ!(?)
    • 無数にあるイヤホンの中でもダントツの個性派。実際見ると100倍カッコイイ。
  • 暖かみのある柔らかな音質が音楽鑑賞の幅を広げる
    • 今まで使ったイヤホンで唯一無二の音質です。体験して欲しい。

House of Marley」は、この製品で初めて知りましたが、ボブ・マーリーが愛した音楽を、自然に配慮した製品で実現するために作られたブランドです。以下は、公式HPからの引用です。

House of Marley(ハウス・オブ・マーリー)は、ボブ・マーリーの普遍的な愛や音楽、そして自然や生命に対するリスペクトをマーリーファミリーが具象化し、素材と環境に配慮した製品を作ることを実現させるために誕生しました。

https://thehouseofmarley.jp/about/

結構力を入れて広報活動もしているようで、広瀬アリスのインタビュー記事もありました。

yosh
yosh

広瀬アリス可愛いですね~。

aisu
aisu

女性でも良い感じのデザインね

House of Marley REDEMPTION ANC レビュー

House of Marley REDEMPTION ANCの外観と付属品

メーカーの思想が随所に現れたデザインに脱帽

House of Marley REDEMPTION ANC レビュー

パッケージもリサイクル紙で、環境に配慮しつつ暖かみのあるデザインに一貫性があります。

House of Marley REDEMPTION ANC レビュー

開けてみると竹を全面に押し出した配置になっています。デザインが好みで買ったので、所有欲をく押し上げてきます。

yosh
yosh

開けて、「おお~!カッコイイ~!!」とか言っちゃいましたね(笑)

House of Marley REDEMPTION ANC レビュー

ケースは、天板に竹を使用しています。表面はコーティングされていて、ザラつきはありません。黒い部分は、廃材を再利用したプラスチックで出来ています。※この写真はちょっと白く映っています。

手に持ったサイズ感は、縦横は小さいものの、高さがあるため、少し大きく感じます。

House of Marley REDEMPTION ANC レビュー

ケースを開けると本体も”竹”!存在感があって良いですね。この独特のデザインは真似できないので、個性派の方におすすめしたいです。

ケースの内側は、硬めのゴム?シリコン?で、少し柔らかい珍しい触感です。

House of Marley REDEMPTION ANC レビュー

本体を取り出してみると、竹が良い色味と質感を醸し出しています・・・。素晴らしい・・・。

本体を各方向から見てみると、全体的に大柄です。耳にはまる部分は、耳の形に沿った形になっており窪みにはまり込みます。棒状の部分は思ったより太いです。

デザインに惹かれて買ったんですが、実際に見ないと分からない質感の良さに心を奪われます

House of Marley REDEMPTION ANC レビュー

付属品①:説明書は、安全のしおり、ステッカー

House of Marley REDEMPTION ANC レビュー

付属品②:充電ケーブル、イヤーチップ(S / M / L)、本体カバー

House of Marley REDEMPTION ANC レビュー

充電ケーブルは、Type-A to Type-Cです。

ケースと本体の重さは、83.7gです。それなりに重さがあります。本体は、天然素材のため重量が異なり、右が6.2g、左が6.1g、両方で12.3gでした。よく見ると、左側の竹の方が若干薄かったようです。個体差があると思いますが、特に支障はないので、使用に問題はありません。

House of Marley REDEMPTION ANCの説明書

困ったときのやつ

説明書は、日本語に対応しています。説明書を置いておきます。

House of Marley REDEMPTION ANCの性能

外音取り込み機能の自然さは、他機種を上回る

防水性

IPX4です。

水の飛まつに対して保護。「あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない」と定義されています。雨や汗は十分防いでくれます。

連続再生時間

本体は、5時間(ANC on)/7時間(ANC off)

ケース込みで、20時間(ANC on)/28時間(ANC off)

「AirPods Pro」で4.5時間なので、ANC搭載の完全ワイヤレスイヤホンでは、長い部類に入ります。

コーデック

SBC、AAC、aptXです。

Androidの方は、aptXに対応しているので特に高音質、低遅延を楽しめます。iPhoneの方は、AACで楽しめます。

遅延についての補足

aptXは70ms(0.07秒)、AACは120ms(0.12秒) 、SBCは220ms(0.22秒)

ノイズキャンセル

QCC5124搭載で、アクティブノイズキャンセルを搭載しています。

計測時の部屋は、平均47dBです。PCの音量は30としています。

「効果音ラボ」さんから音源をお借りして検証します。ノイズとして除去されて欲しい音をピックアップしました。

  • 電車走行中1 車内より:平均56dB
    • ノイズキャンセルが効いて欲しい代表格です。「ヒューン」という音の高い部分は残りますが、周辺の音はほぼ聞こえません。「ガチャン」は聞こえます。
  • 新幹線走行中 中から録音:51.6dB
    • 長時間の移動をANCを効かせて楽しみたいですよね。少し高めの「キーン」という音は消えませんが、「シュゴー」という風切り音は、消えています。
  • キーボードの早打ち1 デスクトップPC:平57.3dB
    • オフィスで気になる音です。これは不得意な音なので、少ししか変化を感じません。高い音が除去されないのは、「AirPods Pro」も同じ傾向です。
  • マイクノイズ:平均51.5dB
    • ザ・ノイズといった感じの音です。不快感は軽減されています。感覚的には4割程度になります。
  • プリンタで印刷:平均63.4dB
    • 目の前でプリンタの印刷をしている感じで煩いですが、オフィスで隣の島でプリンタを印刷しているくらいになります。「まあ、鳴ってるな」という程度で収まります。
  • 実際に電車に乗って試してみました
    • 電車に乗ると十分効果を感じられます。低音部分がよく消えていると感じました。アナウンスなどは、聞こえます。

買って試した中でノイズキャンセルの効きを比較すると、こんな感じです。この製品は、強力ではないものの、必要十分という印象です。

「AirPods Pro」 >> 「TRACK Air+」 > 「REDEMPTION ANC」> 「FREEBUDS 3」

ノイズキャンセルは、騒音を6割程度軽減してくれます。十分な性能で、無音を求める人以外には、必要十分ではないでしょうか。

外音取り込み

家で作業しながら音楽を聴いていると、不意に家族に話しかけられて聞き返す事があります。外音取り込み機能があると、声は聞こえるので普通に会話が可能で、とても便利に使っています。

周辺の音をマイクで拾って再生するタイプの外音取り込み機能を搭載しています。

  • 会話
    • 十分に可能です。明瞭に聞こえますので、違和感なく会話する事が出来ます。マイクを通した音は、若干機械的ですが、大きな違和感はありません。
  • ・音楽
    • 音楽再生のボリュームは維持されます。音楽と外音がミックスされます。

AirPods Proの外音取り込みを意識した作りです。音楽と外音が綺麗にミックスされていますので、音楽を流しながら生活が可能です。

外音取り込みの自然さを、他の製品と比べると、こんな感じです。この製品は、かなり自然で良いです。

「AirPods Pro」 > 「REDEMPTION ANC」 >「RZ-S50W」>「TE-D01d mk2」> 「TRACK Air+」

外音取り込みは、非常に良く聞こえるので、正直驚きました。マイクの性能にかなり依存するので、「AirPods Pro」以外で実用出来るレベルの製品は少ないです。

ワイヤレス充電

対応していません。

House of Marley REDEMPTION ANCのペアリング

滞りの無い接続性は、思った以上にノーストレス

ペアリング手順(Android)
  • 手順1
    スマホのBluetoothをONにする

    「新しいデバイスとペア設定する」を選択する。

  • 手順2
    イヤホンをペアリング状態にする

    ケースから取り出すとペアリング状態になります。

  • 手順3
    スマホでイヤホンを選択する

    「Redemption ANC L」を選択する。

    「Redemption ANC Lをペアに設定しますか?」と聞かれたら、「ペア設定する」を選択する。

    また、 「Redemption ANC Rをペアに設定しますか?」と聞かれたら、「ペア設定する」を選択する。

  • 手順4
    接続完了

    以降は、ケースから取り出すだけで自動接続されます。

片耳だけでの使用が可能

左耳だけ取り出せば、自動で左耳に接続してくれます。右耳も同様です。ケースに入っている側と逆側を入れ替えれば、勝手に切り替わってくれます。

両方取り出せば、両耳モードに切り替わります。

House of Marley REDEMPTION ANCの装着感

大きめではあるが、装着出来れば心地良い

aisu
aisu

耳が小さいですが、イヤーチップの大きさが合っていれば、後ろ側が窪みに引っ掛かるので安定します

yosh
yosh

本体は大きめですが、すっぽりはまりました。絶対落ちないです

・本体のサイズ調整用カバー

本体のサイズを調整出来るカバーが付属されています。耳が大きめで、小さいと感じる方は調整が可能です。

yoshは、Mサイズのイヤーチップがぴったりな平均的な耳のサイズですが、カバーは不要でした。

ステムの先端の高さは、3mm、溝の幅が2mmです。直径は5mmで、一般的なサイズです。イヤーチップの交換は可能です。写真は、「SONYのハイブリッドイヤーピースMサイズ」です。

装着感は非常にGOOD!長時間着けていても痛くなりません。

House of Marley REDEMPTION ANCの音質

いろいろな曲をもっと聴きたくなる

Pixel3aとaptXの組み合わせで検証を行いました。

この音質テスト用の音源で聞き比べています。

  • 全体として、メーカーが言うように暖かみのある音質になっています。音の響きや立体感が素晴らしく、今まで試した完全ワイヤレスイヤホンで、唯一の音質です。
  • 男性の声:元々籠りがちな音源ですが、暖かみのある音域に入っています。明瞭ではありませんが、しっかり聞こえます。
  • 動物の鳴き声:馬の鳴き声の迫力が凄いです。ブルブルと震える感覚が伝わります。
  • 太鼓の音:このイヤホンで聴く太鼓の音は、立体的に響いてきて、凄く躍動感があります。
  • チェロの音:弦の細かな響きが伝わってきます。音の幅を感じます。
  • ベル:低音の響きが特徴的ですが、高音も広がりのある音質になっています。
  • ピアノ:綺麗な音が出ています。定位もしっかりしています。
  • 民族音楽:小太鼓が迫力ある音で再現されて、臨場感があります。細かな太鼓の振動が伝わってきて、盛り上がります。
  • オーケストラ:楽器の織り成す響きが心地良いです。オーケストラならではの、壮大な広がりを感じられます。

音域のバランスは、高音:3.5、中音:3、低音:4ぐらいで、低音が特徴的に感じました。

yosh
yosh

今までの完全ワイヤレスイヤホンでは感じた事のない、暖かみのある音質でした!

音をストレートに表現するだけではなく、音楽を楽しめる音質です。暖かな響きのある音に感動しました。

House of Marley REDEMPTION ANCの操作性

トリプルタップに慣れが必要

タッチセンサー式です。

竹の上の方が反応します。トリプルタップはダブルになってしまう事があります。慣れてきたら、かなり少なくなりました。

再生/停止Rを2回タップ
次の曲Rを3回タップ
前の曲「音源」で操作
音量を上げる「音源」で操作
音量を下げる「音源」で操作
電話応答/切るRを2回タップ
着信を拒否するLを2回タップ
電源をONにするケースから取り出す
電源をOFFするケースに戻す
ボイスアシスタントLを2回タップ
ノイズキャンセル切替Lを3回タップ
外音取り込み切替Lを3回タップ

L3回タップは、「ANC ON」→「アンビエントON」→「ANC OFF」の順に切り替わります。

  • トリプルタップは慣れが必要
  • 操作時の音声が、左右ずれて聞こえるので少し不快

House of Marley REDEMPTION ANCの評価

こんなに飽きの来ないイヤホンは他にはない

音質(高音)4.5
音質(中音)4.5
音質(低音)5.0
連続再生時間(単体)4.0
操作性4.0
コストパフォーマンス5.0
総合評価4.5

音質は、総じて非常に良いです。特に低音がメーカーが言うように暖かみある音質になっています。サックスとか太鼓、チェロといった、余韻を楽しむ事が出来ます。他の完全ワイヤレスイヤホンでは、感じたことが無い特徴的な音質です。

連続再生時間は、ANCをONにして5時間と十分なバッテリー容量を備えています。通勤、通学は余裕ですし、ケース込みで20時間あれば2泊3日の旅行ぐらいは余裕です。

操作性は、トリプルタップが丁寧に操作しないと、ダブルタップになりやすいのが玉に瑕です。

「AirPods Pro」に匹敵する性能を持ちながら、1万円程安くてコストパフォーマンスが高いです。

総合的に見て、デザインに惚れて買うも良し。性能で買うも良し。どちらでも満足のいく製品です。竹を使用した落ち着いたデザインなので、年齢問わず、渋さがあって良いですね。

「AirPods Pro」に匹敵する性能を持ちながら、1万円程安くてコストパフォーマンスが高いです。

House of Marley REDEMPTION ANCのまとめ

House of Marley REDEMPTION ANC レビュー

House of Marley REDEMPTION ANC」いかがだったでしょうか~?

良かったところ、悪かったところをまとめていきましょう~!

  • デザインに惹かれて買ったんですが、実際に見ないと分からない質感の良さに心を奪われます
  • Androidの方は、aptXに対応しているので特に高音質、低遅延を楽しめます。iPhoneの方は、AACで楽しめます
  • ノイズキャンセルは、騒音を6割程度軽減してくれます。十分な性能で、無音を求める人以外には、必要十分ではないでしょうか
  • 外音取り込みは、非常に良く聞こえるので、正直驚きました。マイクの性能にかなり依存するので、「AirPods Pro」以外で実用出来るレベルの製品は少ないです
  • 装着感は非常にGOOD!長時間着けていても痛くなりません
  • 音をストレートに表現するだけではなく、音楽を楽しめる音質です。暖かな響きのある音に感動しました
  • 「AirPods Pro」に匹敵する性能を持ちながら、1万円程安くてコストパフォーマンスが高いです
  • トリプルタップは慣れが必要
  • 操作時の音声が、左右ずれて聞こえるので少し不快
yosh
yosh

デザインに惹かれて買いましたが、手に取って分かる質感の高さに驚いて、100倍カッコイイと思いました!

aisu
aisu

使ってみるとANCは十分効くし、暖かみのある音質が心地いいわね

yosh
yosh

外音取り込み機能が自然なので、一番使いやすいです

長期利用した感想

使い勝手

ANCと外音取り込み機能が優秀なので、外出時につけっぱなしでも普通に活動出来ます。片耳を取ると音楽再生が停止するので、タッチ操作以外でも外音が聴きやすいのもGOODポイントです。

暖かみのある柔らかい音なので、長く聴いていても疲れない。

基本性能がしっかりしているので、ストレス無く使える点が素晴らしいです。

yosh
yosh

現在メインで使っていますが、気に入ってずっと使っています!

エイジングによる音質の変化

もう100時間以上は使っていますが、大きな変化は感じていません。変化があれば更新します。

Amazonチャージ

◎Amazonギフトチャージのススメ

yosh
yosh

これ普通に知らなくて損してました。プライムの年会費を回収出来るぐらい使ってました・・・。

Amazonギフト券を現金でチャージする」と、最大2.5%のポイントが付与されます。現金とは、コンビニ・ATM・ネットバンクを指します。詳細はこちら

以下のポイント付与率ですので、Amazonプライム会員になった方がお得ですね。

Amazonチャージポイント付与率
ポイント付与率
aisu
aisu

現金で購入して初回チャージで1,000ポイントもらえるじゃん。やっておいた方がいいね。

普段からよく使うならAmazonプライム会員になっておいて、チャージしておく方がお得です。

—BigChance!—

コメント