EarFun Free【進化版】|丁寧に作られたお値打ちイヤホン

EarFun_Free_icatchワイヤレスイヤホン
EarFunさん
EarFunさん

yoshさん!EarFun Freeをレビューしてもらえませんか!?

yosh
yosh

はい!喜んで~!(居酒屋風)

以前から気になっていたものの、まだ買っていなかったイヤホンが、EarFunさん側からやってきました!(驚)

というわけで、勢いのあるオーディオブランドのイチオシ製品を紹介します。

※こちらの記事は、「【2020最新進化版】EarFun Free」のレビュー記事です。第一世代の「EarFun Free」もありますので、お間違いないようお願いします。

NEWカラー登場!

aisu
aisu

白は女性に向いてたけど、黒なら男性にも良いわね

yosh
yosh

黒が欲しかった!これは素晴らしい!

EarFun Freeの特徴

EarFun Free レビュー

【2020最新進化版】EarFun Free」を入手したので、レビューしてきましょう~!

新興オーディオブランドが作り出した、意欲作です。

特徴を簡単にまとめると、以下のとおり。

・ポイント

  • 落下の不安が無いフィット感と高い遮音性
  • 6mmグラフェンドライバーで高音質
  • IPX7の防水性
  • CNETが選ぶ50$以下のベスト完全ワイヤレスイヤホンに選出(CNETの記事

自分では何とでも言えてしまいますから、受賞歴がありプロの目から見ても、優れた製品と認められているというのは信頼感が上がりますね。

馴染みのない会社なので、「EarFunテクノロジー株式会社」について調べてみました。

2018年に、経験豊富な工業デザイナー・音響エンジニア・音楽愛好者のチームによって設立されました。EarFunは、デザインから製造まで自社で行う、精力的に活動する新興オーディオブランドです。「CES 2020 イノベーション・アワード」、「iFデザインアワード2020」を受賞しています。

保証もしっかりと定義されています。「理由を問わず30日の返金保証」、「18か月の製品保証」があるので、ありがちな不具合品は保証してくれます。

EarFun公式ホームページ」を見ても、英語と日本語にしっかり対応しています。売り上げの一部をユニセフに寄付するなど、社会貢献も行っています。

yosh
yosh

第三者から評価を得ている点、非常に安心感がありますね

EarFun Freeの外観と付属品

EarFun Free レビュー

パッケージは、シンプルながら黄色を挿し色に入れた、鮮やかなデザインになっています。

EarFun Free レビュー

開けてみると、ケースと本体が別に入っています。最近こういうパッケージをよく見ます。店頭に並ぶ事を意識して作っているんでしょうね。

EarFun Free レビュー

ケースから見ていきます。白で統一されており、清潔感のあるケースです。プラスチック素材ですが、チープな印象にならないように、マットな質感に仕上げられています。手触りが凄く良いです。

EarFun Free レビュー

ケースのサイズは、持ち運びに便利なサイズ感です。まずは「EarFun Free」の詳細を書いていきますが、記事の最後に同価格帯のイヤホンとケースのサイズ感を比較しています。

充電端子はType-Cで、高速充電に対応していますよ。10分で2時間再生出来ます。

EarFun Free レビュー

本体も白で統一されており、清潔感のあるデザインです。こちらもマット加工で滑らないので、落下防止になります。

サイズ感としては、思ったよりも大きいです。装着感にどう出るかと思いましたが、非常に良かったです。詳細は、装着感の項目で解説します。

ケースと本体は、マットな質感で手触りが良いです。

EarFun Free レビュー

付属品は、説明書、イヤーチップ、充電ケーブルです。

充電ケーブルは、Type-A to Type-Cです。イヤーチップは、S / M / Lが付属します。Mは本体に装着されています。

売り上げからユニセフに1$を寄付しているそうです。社会貢献しているのは素晴らしい事です。

本体とケースで、59.0g。片耳で、5.6g。左右で重さの違いはなく、両耳で11.2gです。

ケースは軽い方の部類に入ります。本体は、標準的な重さです。重さによる負荷は少ないです。

EarFun Freeの説明書

多言語に対応した説明書がついています。日本語の部分を抜粋して、以下に置いておきます。

EarFun Freeの性能

防水性

IPX7に対応しています。

「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない」と定義されています。水深15cmに30分浸かっても問題ないように設計されています。

防水をうたう製品の多くはナノコーティングが多いですが、コーティングなので剥がれてしまうんです・・・。SweatShieldテクノロジーは、密閉性の高い構造にすることで、汗や水の浸食を防いでいます。

SweatShieldテクノロジーで、防水性能が落ちない。

連続再生時間

本体のみで、6時間。ケース込みで、30時間です。

コーデック

SBC、AAC対応です。

iPhoneまたは、AACに対応しているAndroid端末なら、AACで楽しめます。

遅延については、YouTubeで人が話している動画を見ても、大きな違和感は感じませんでした。Pixel3aとAACで、体感で0.11秒ぐらいです。もちろん厳密にい言えば遅延はあるので、リズムゲームは向いてないです。

Androidを使っている方は、aptXに対応して欲しかったと思うでしょうね・・・。

aptXに対応して欲しかったです!

遅延についての補足

aptXは70ms(0.07秒)、AACは120ms(0.12秒) 、SBCは220ms(0.22秒)

ノイズキャンセル

音楽再生に対するノイズキャンセリングは、搭載していません。

外音取り込み

外音取り込み機能は、搭載していません。

ワイヤレス充電

qi規格のワイヤレス充電に対応しています。

EarFun Free レビュー

この価格でワイヤレス充電に対応しているのは、素直に凄いです。

EarFun Freeのペアリング

ペアリング手順(Android)
  • 手順1
    スマホのBluetoothをONにする

    「新しいデバイスとペア設定する」を選択する。

  • 手順2
    イヤホンをペアリング状態にする

    ケースから取り出すとペアリング状態になります。

  • 手順3
    スマホで接続するイヤホンを選択する

    「EarFun Free」を選択する。

    「EarFun Freeをペアに設定しますか?」と聞かれたら、「ペア設定する」を選択する。

  • 手順4
    接続完了

    以降は、ケースから取り出すだけで自動接続されます。

片耳だけ取り出せば、片耳で使えます。後からもう片方を取り出せば、自動で両耳で再生されます。

EarFun Freeの装着感

aisu
aisu

耳が小さいので、イヤーチップをSにしています。本体は大きめなので、飛び出し気味ですね。

yosh
yosh

イヤーチップはMです。左右に回すと適度に耳の奥に入って、しっくりくる位置が見つかります。装着感はかなり良いです。

フィット感は良好です。自分の耳に合ったポジションを見付けられます。

本体が大きめなので、耳が小さい自覚がある方は、落下の不安がありそうです。

ステムは高さ3mm(窪み:出っ張り=2mm:1mm)。直径5mmです。

イヤーチップの交換は可能です。写真は、「SONYのハイブリッドイヤーピースMサイズ」です。

ただし、ケースに余裕が無いため、SSサイズしか充電出来ませんでした。純正のような背の低いイヤーチップしか対応しません。

EarFun Freeの音質

Pixel3aとAACの組み合わせで検証を行いました。

この音質テスト用の音源で聞き比べています。

  • 男性の声:非常にクリアに聞き取れます。低めの音が潰れる事無く聴こえます。
  • 動物の鳴き声:鶏の鳴き声が、すぐそばに居るような臨場感があります。
  • 太鼓の音:躍動感があり、低音も量感があります。
  • チェロの音:弦の細かな響きが聴き取れます。
  • ベル:しっかりしたクリアな音質で聴こえます。
  • ピアノ:中~高音域は、綺麗な音が出ています。定位もしっかりしています。
  • 民族音楽:太鼓の迫力が伝わります。細かい振動が聴き取れます。
  • オーケストラ:ヴァイオリンが、綺麗に聞こえます。楽器の織り成す響きが心地良いです。

音域のバランスは、高音:3.5、中音:3.5、低音:3ぐらいで、少しだけ高音寄りのバランスです。

低音~高音まで、しっかり出力されています。解像感が高く、明瞭に聴きとれるのも特徴です。

ロックやポップが綺麗に聴けます。女性ボーカルが華やかに聞こえるので、お気に入りのアーティストさんを聴いてください。

ホワイトノイズが無いので、無音があるようなクラシックやジャズなども、邪魔される事無く聴けます。

純正のイヤーチップは、低音の量感が少な目です。低音好きの方はイヤーチップを替えてみると良いです。

高級機種にあるような音場の広さは無いですが、同価格帯のイヤホンからすると、非常に優れています。

  • この値段で、この音質は驚異です。5千円台だとこれを選べば間違いないです。
  • 無音時のノイズが全くありません!これ意外と少ないんですよ!

EarFun Freeの操作性

物理ボタン式です。

誤操作が全然無いので、とても良いです。本体で音量の上下が出来るのも、ポイントが高いですね。

押し込みによって耳が痛くなる事もありません。結構軽い力で反応します。

再生/停止L/Rを1回押す
次の曲Rを長押し
前の曲Lを長押し
音量を上げるRを2回押す
音量を下げるLを2回押す
電話応答/切るRを1回押す
着信を拒否するRを2秒長押し
電源をONにするケースから取り出す、L/Rを2秒長押し
電源をOFFするケースに戻す、L/Rを5秒長押し
ボイスアシスタントL/Rを2秒長押し
  • タッチ操作の感度が、非常に良いです。
  • 本体で音量の上下が出来るのは、GOOD!!

EarFun Freeの評価

EarFun Free レビュー
音質(高音)4.0
音質(中音)4.0
音質(低音)4.0
連続再生時間(単体)4.5
操作性4.5
コストパフォーマンス4.5
総合評価4.3

音質は、低音~高音まで出ていて、非常にバランスが良いです。この音質は、お値段以上です。

連続再生時間は、6時間と優秀で、通勤・通学は余裕です。帰ってからワイヤレス充電しておけば、バッテリーに困ることはないでしょう。10分充電で2時間使えるのも、便利ですよね。

操作性は、物理ボタンなので、誤操作がありません。押し込みによって耳が痛くなる事もなく、優秀です。

コストパフォーマンスが、非常に高いイヤホンです。同価格帯の製品と比べても、コスパが高いので、5千円台のイヤホンなら「EarFun Free」をおすすめします。

EarFun Freeのまとめ

EarFun Free レビュー

「EarFun Free」は、いかがだったでしょうか~?

5千円台のイヤホンとは思えぬレベルの高さで、とても驚きました。おすすめのイヤホンに追加する事にします。

良かったところ、悪かったところをまとめます。

  • 受賞歴があり、第三者から評価を得ている
  • ケースと本体は、マットな質感で手触りが良いです。
  • 売り上げからユニセフに1$を寄付しているそうです。社会貢献しているのは素晴らしい事です。
  • SweatShieldテクノロジーで、防水性能が落ちない。
  • この価格でワイヤレス充電に対応しているのは、素直に凄いです。
  • 片耳だけ取り出せば、片耳で使えます。後からもう片方を取り出せば、自動で両耳で再生されます。
  • フィット感は良好です。自分の耳に合ったポジションを見付けられます。
  • この値段で、この音質は驚異です。5千円台だとこれを選べば間違いないです。
  • 無音時のノイズが全くありません!これ意外と少ないんですよ!
  • タッチ操作の感度が、非常に良いです。
  • 本体で音量の上下が出来るのは、GOOD!!
  • aptXに対応して欲しかったです!
  • 本体が大きめなので、耳が小さい自覚がある方は、落下の不安がありそうです。
yosh
yosh

凄く優秀でしたね。間違いなく、お値段以上!

aisu
aisu

妥協せずに作っているのが、製品に出てるよね

yosh
yosh

ホワイトノイズはオーディオ機器をしっかり理解していないと、抑制出来ないんだよ

aisu
aisu

オーディオブランドならではの技術力なのね!

EarFun Air』が登場!うどん型になり、装着自動検出機能が追加されています。音質は、『EarFun Free』の方が耳の奥まで挿入出来て、低音を感じます。耳の浅い人には、『EarFun Air』の方が音質もフィット感も良いかも。

同価格帯のイヤホンとの比較

EarFun Free レビュー

SoundPEATS Truengine SEとEarFun Freeの比較

  • ケースは、「Truengine SE」の方が小さいです
  • 音質
    • 「Truengine SE」:aptX対応、デュアルドライバーで、低音重視かつ派手な音質です。
    • 「EarFun Free」:バランスがよく、聴きやすい音になっています。
  • 装着感は、「EarFun Free」の方が収まりが良く、落ちにくいです。

「EarFun Free」の方が全体的に品質が高いので、おすすめ度が高いです。音質がかなり異なるので、好みで選ぶと良いと思います。動画や男性ボーカルの曲は、「EarFun Free」の方が聴きやすいです。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty NeoとEarFun Freeの比較

  • ケースは「Liberty Neo」の方が小さいです。
  • 音質は、「EarFun Free」の方がクリアで解像感が高いです。
  • 装着感はどちらも良く、甲乙つけがたいです。
  • 操作性はどちらも良いですが、「EarFun Free」は、本体で音量調整出来る利点があります。

音質が「EarFun Free」の方が良いので、おすすめです。Ankerの製品は好きですが、この勝負には勝てません。

編集後記

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

私は、レビューのご依頼をいただいた時に、必ず聞くようにしている事があります。

yosh
yosh

製品に悪いところがあっても、そのまま書きます。いいですか?

依頼者様
依頼者様

承知しました。

製品を提供してもらいますが、嘘は書きたくありません。いちユーザーとして、正直にレビューする事で、皆さんの品定めのお手伝いをしているからです。意味が無くなってしまいます。

ところが、今回の製品のように褒めるところばかりだと

読者様
読者様

製品提供してもらったから、良い事ばっか書いているんやな・・・

という状態になって、レビューの信ぴょう性が下がるのが、もどかしいです(泣)

Amazonチャージ

◎Amazonギフトチャージのススメ

yosh
yosh

これ普通に知らなくて損してました。プライムの年会費を回収出来るぐらい使ってました・・・。

Amazonギフト券を現金でチャージする」と、最大2.5%のポイントが付与されます。現金とは、コンビニ・ATM・ネットバンクを指します。詳細はこちら

以下のポイント付与率ですので、Amazonプライム会員になった方がお得ですね。

Amazonチャージポイント付与率
ポイント付与率
aisu
aisu

現金で購入して初回チャージで1,000ポイントもらえるじゃん。やっておいた方がいいね。

普段からよく使うならAmazonプライム会員になっておいて、チャージしておく方がお得です。

—BigChance!—

コメント