EarFun Free Pro レビュー|小型軽量なのに驚きのパワフルサウンド

EarFun Free Pro レビューワイヤレスイヤホン

EarFun Free Proの特徴

 オーディオブランドとしてのプライド

EarFun Free Pro レビュー

EarFun Free Pro」を入手しましたので、レビューしていきましょう~!

ポイント

  • 軽量&コンパクト
  • こだわり音質のパワフルサウンド
  • 動画をよく見る人に最適な低遅延モード!
  • 価格を凌駕するビルドクオリティの秘密を解明!?

「EarFunテクノロジー株式会社」について調べてみました。

2018年に、経験豊富な工業デザイナー・音響エンジニア・音楽愛好者のチームによって設立されました。EarFunは、デザインから製造まで自社で行う、精力的に活動する新興オーディオブランドです。「iFデザインアワード 2020」、「CES 2020 イノベーションアワード」を受賞しています。

「18か月の製品保証」があるので、ありがちな不具合品は保証してくれます。

EarFunさんの製品をレビューするのはこれで3つ目ですが、どれもクオリティが高いです。音質を有線しつつ、同価格帯の製品+αの機能を付けているのが特徴です。

EarFun Free Proの外観と付属品

値段からは想像もつかないビルドクオリティ

EarFun Free Pro レビュー

パッケージはシンプルにまとめてあります。

EarFun Free Pro レビュー

パッケージの蓋を開けてみると、ドーン!ちょっと高そうに見えますね。

EarFun Free Pro レビュー

ケースの初見の感想は、「ビルドクオリティ高いな!?」でした。確認してみると、トヨバンク株式会社という日本の企業が製造しているようです。歪みやグラつきもなく、確かな技術で作られていて感心しました。

ケースのコンパクトさが伝わりますかね?ポケットでも運用できる大きさ、軽さです。

ケースが軽量&コンパクトで、持ち運びに便利!

EarFun Free Pro レビュー

本体もコンパクトです。デザインも尖っていなくて使いやすいです。

本体もコンパクトで耳からはみ出ません。

EarFun Free Pro レビュー

付属品は、こんな感じです。

充電ケーブルはUSB Type-A to Type-Cです。イヤーチップは、XS / S / M / Lの4種類。イヤーフックは、S / M / Lの3種類です。1つはフックがない形状です。

EarFun Free Pro レビュー

重量は本体とケースで、41.3g。かなり軽量な部類に入ります。本当に邪魔にならない軽さです。

片耳が4.5gで、左右9.0gです。耳に負担が掛かるような事はありません。

EarFun Free Proの性能

必要十分かつプラス要素も

防水性

防水性は、IPX5です。「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されています。コップの水が掛かっても平気なレベルですね。生活する上では、この程度あれば安心できます。

連続再生時間

ANC ON:本体のみ6時間、ケース込み27時間

ANC OFF:本体のみ7時間、ケース込み32時間

通勤、通学だと十分なバッテリー性能です。

コーデック

SBC、AACです。

「EarFun Free Pro」には、低遅延モードが搭載されています。

左イヤホンを2秒タッチして切替て使用します。訪れを確認できる動画で、体感0.2~0.3秒程度の遅延を感じます。人間の感覚だと0.4秒以下の遅延は気にならない領域だそうです。実際に試してみるとYouTubeでは、口と音のズレは感じませんでした。

かなり使える低遅延モードで、動画視聴も快適!

遅延についての補足

aptXは70ms(0.07秒)、AACは120ms(0.12秒) 、SBCは220ms(0.22秒)

ノイズキャンセル

アクティブノイズキャンセリングを搭載しています。

実際に試したものと「効果音ラボ」さんから音源をお借りして検証します。ノイズとして除去されて欲しい音をピックアップしました。

計測は室内、平常時の騒音レベルは平均37.3dBです。PCの音量は30としています。

ノイズキャンセリングとオフを切り替えて確認します。

  • 実際の電車
    • 電車内での効果は低めです。電車内は金属音、アナウンスなど、中~高音域の音が多いでガヤガヤした感じが残ります。
  • 新幹線走行中 中から録音:平均45.7dB
    • 少し高めの「キーン」という音は消えませんが、「シュゴー」という風切り音が弱まります。新幹線は高音が少ないので、効果を感じます。
  • キーボードの早打ち1 デスクトップPC:平均46.7dB
    • ほんの少しだけ音が小さくなります。高めの音なので、どのANC対応機種でも消えにくい音です。
  • 実際の道路
    • 片側4車線の大通りで試しましたが、反対車線の音は聞こえず、近い音だけが聞こえるようになりました。十分に音楽に集中できる環境を作ってくれています。
  • 実際の店舗が並ぶビル1階
    • カフェの屋内テラス席を利用しました。館内の空調音が響いていましたが、自分の周りにベールを掛けたような感じになりました。話し声は入りますが、ゆっくりとコーヒーを飲みながら音楽を楽しむ事ができました。
  • 実際の換気扇
    • 「ヒュー」という風切り音はあまり消えませんが、「ゴー」というかなり低い音は、少し抑えられます。

ノイキャンの傾向は、低音に幕が掛かったように騒音を和らげます。公称28dBという事ですが、低音を除去します。高音には効果が薄いです。

マイクが高音を良く拾うので、高音の甲高さは残ってしまいます。冷蔵庫や空調が響く空間では効果がありますが、高音が多い環境では、期待するほどノイズキャンセル効果は感じられないと思います。

外音取り込み

アンビエントモードが搭載されています。

  • 会話
    • 相手の声は、十分綺麗に聴こえます。話し声の音域は良く拾います。
    • 自分の声には特に影響がなく、イヤホンの遮音性によって籠って聴こえます
  • 環境音
    • 車や自転車の音も問題なく聞こえますし、安全面も問題ありません。
    • 高音に関しては着けていない時よりも聞こえます。

ワイヤレス充電

qi規格に対応しています。

この価格帯では珍しいワイヤレス充電対応が嬉しい。

給電(モバイルバッテリー)

搭載していません。

EarFun Free Proの装着感

軽量な本体をフックで支えたら落ちる訳がない!

aisu
aisu

フックのお陰でがっちり固定されます。耳の小さい人にも対応しています!

yosh
yosh

本体が小さいのでフックをLで着用。フックがあるのでズレないです。

ステムは高さ3mm(窪み:出っ張り=1.6mm:1.4mm)。直径mmです。

珍しい楕円形の形状です。Boseのように低音の抜けを意識しているのでしょう。実際は、低音の抜けが良く気持ちいがいいです。

イヤーチップも楕円ですが交換は可能です。「SONYのハイブリッドイヤーピースMサイズ」を試しました。ケースにも収まり、充電も可能です。

EarFun Free Proの音質

パワフルな特濃サウンド

Pixel3aとAACの組み合わせで検証を行いました。

この音質テスト用の音源で聞き比べています。音源は、どなたでも同じように検証できるように、YouTubeの動画としています。

付属の標準イヤーピースで検証します。

  • 男性の声:明瞭な音質で聴き取りやすいです。
  • 動物の鳴き声:鶏が目の前で鳴いているような臨場感と艶を感じます。
  • 太鼓の音:非常に迫力を感じます。解像度が高いと言えます。
  • チェロの音:音に厚みがあり、響きを感じられます。
  • ベル:若干キンキンする感じはありますが、艶っぽさのある音になっています。
  • ピアノ:煌びやかな響きのある音色で、心地よさを感じます。
  • 民族音楽:太鼓の細かな振動を感じられる解像感です。
  • オーケストラ:どの楽器も生きています。幅の広さのある音です

付属のイヤーピースは薄いので、抜けは良いですが遮音性はあまり高くないです。好みでイヤーピースを付け替えると、音質の向上を感じるかもしれません。私のオススメはハイブリッドイヤーピースです。

低音と高音にポイントが置かれていて、シャカシャカしていると感じる人もいると思います。解像感は高いので、イヤーチップや再生ソフトのイコライザーで調整すると、好みの音で聴けると思います。

EarFun Free Proの操作性

絶妙な感度のタッチセンサー

タッチセンサー式です。

感度は良好で、誤反応や押し間違いは少ないと思います。中指を当てて人差し指で押すと誤タップを減らせます。

再生/停止L/Rを2回タッチ
次の曲Rを3回タッチ
前の曲
音量を上げるRを1回タッチ
音量を下げるLを1回タッチ
電話応答/切るL/Rを1回タッチ
着信を拒否するL/Rを2秒タッチ
電源をONにするケースを開ける
電源をOFFするケースを閉じる
ボイスアシスタントRを2秒タッチ
ノイズキャンセル切替Lを3回タッチ
外音取り込み切替Lを3回タッチ
低遅延モードLを2秒タッチ

EarFun Free Proの評価

ビルドクオリティの高さに感服

音質(高音)4.5
音質(中音)4.0
音質(低音)5.0
連続再生時間(単体)4.0
操作性4.0
コストパフォーマンス5.0
総合評価4.4

音質は、非常に解像度が高くて、輪郭がはっきりしています。よほどのマニアでない限り、満足できる音質と言い切れます!

連続再生時間もANCをONで6時間。通勤、通学など通常の利用範囲では、困ることはないでしょう。

操作性はタッチセンターの感度が良好なので、特に不満を持つことはありません。音量操作が1タップなので、便利に思う人も多いのでは?ANCの切り替えが、3タップなので頻繁に切り替える場合は、面倒かもしれません。

コストパフォーマンスは抜群だと思います。音質の良さに加えて、この価格帯では少ないワイヤレス充電と低遅延モードが、コスパの良さを上げています。

ANCは期待したほどではないものの、音質の良さと低遅延モードが素晴らしく推せます!この価格帯では、この機種だけでしょう。

EarFun Free Proのまとめ

力強い音質に心を惹かれる

EarFun Free Pro」は、いかがだったでしょうか~?

ノイキャンの強さは、AirPods ProやWF-1000XM3には遠く及びませんので、ノイキャンの強さを求めて買う機種ではありません。騒音を和らげてくれるイメージです。外音取り込みは、高音が強いですが、割と自然な音が聞こえます。

音質は、どの音域も力強く出ています。反面、メリハリが無いと感じる場合もあります。イヤーチップやイコライザーで調整すると、ベースにある解像感が高い音質を堪能できます。

使い勝手が優秀で、軽量&コンパクトで取り回しが良いです。機能面でも低遅延モードが優秀で、動画をよく見る人に向いています。音にシビアなゲームには適しません。

yosh
yosh

この価格帯のANCイヤホンの中では、超優秀です!

EarFun Free Proの説明書

困ったときのやつ

説明書は、日本語対応しています。翻訳も問題なく、分かりやすく作られています。

コメント