【ガジェット】SoundPEATS Truengine SE レビュー【完全ワイヤレスイヤホン】

SoundPEATS_Truengine_SE_icatchガジェット
スポンサーリンク

SoundPEATS Truengine SEの特徴

SoundPEATS Truengine SE」を購入したので、レビューしていきましょう!

ポイント
  • 低音強調、高音強調の2つのデュアルドライバーで、迫力のある音質
  • QCC3020搭載で、高性能なSoCによる安定した品質
  • コーデックは、AAC、aptX対応で低遅延、高音質
yosh
yosh

何と言っても、デュアルドライバーが最大の魅力です。音質が気になりますね

「SoundPEATS」の製品を購入するのは、2つ目です。

TrueShiftは、クリアな音質と大容量なバッテリーが特徴のイヤホンでした。

SoundPEATS Truengine SEの外観と付属品

SoundPEATS Truengine SE レビュー

「SoundPEATS」のパッケージは簡素ですね。高級路線ではないですし、イヤホン本体に投資して欲しいので、良い経費削減でしょう。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

ケースはプラスチックですが、マットな質感です。非常に手触りが良く、サラサラしています。指紋も全然残らないので、とても良いです。

ケースの質感が凄く良いです。マットな質感でサラサラして、触り心地が良い。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

ケースのサイズも小さくて、鞄のポケット入れても邪魔になりません。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

充電端子は、micro-USBです。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

ケースを開けると、左のイヤホンが左にあって分かりやすいです。取り出しに困る事はないです。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

イヤホン本体は、デュアルドライバーが見えるように、ハウジングが透明のプラスチックになっています。ロゴマークが白と赤に光ります。充電中やペアリングの時に赤く光ります。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

本体をくるっと一回り。本体もケースと同様に、マットな質感になっています。滑り止め効果もあって、良い質感です。本体のサイズは大きめです。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

デュアルドライバーが見えているのは、カッコいいと思いますが、周辺に気泡が入っているので見映えが悪い・・・。それが売りなので、こだわって欲しかったところです。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

付属品は、説明書、充電ケーブル(Type-A to micro-USB)、イヤーチップ3種類(S / M / L)です。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

充電ケーブルは15cmと、短めです。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

イヤーチップは、3種類付属しています。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

ステムの高さは、3mmです。溝の幅が2mmです。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

ステムの直径は、5mmです。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

ソニーのハイブリッドイヤーピースを付けてみたところ、問題無く付けられました。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

ケースと本体で、53.3gです。結構軽いです。ズボンのポケットでも、気にならないサイズです。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

本体は、5.2gでした。かなり軽い部類です。デュアルドライバーなのに、この軽さは驚きです。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

本体に左右の重さの違いはなく、10.4gでした。

SoundPEATS Truengine SEの説明書

SoundPEATS Truengine SEの性能

防水性

IPX4です。

時計とかで言われる、生活防水です。軽い雨や水の飛沫が掛かる程度は問題ありません。

スポーツで汗をかくのも問題ありませんが、水没はNGです。

連続再生時間

本体6時間、ケース込みで27時間です。

コーデック

SBC、AAC、aptX対応です。

ポイント

コーデックは、AAC、aptX対応で低遅延、高音質

→aptXは、音域をカットしないため高音質となる。また、データをSBC、AACよりも、小さい単位で圧縮して転送するため、遅延が少なくなる。70ms程度

AAC、aptXに対応しているので、高音質を低遅延で楽しめます。

コーデックの指定は出来なかったので、aptXのみ確認しています。

ノイズキャンセル

音楽再生には、ノイズキャンセル機能はありません。

音声通話には、cVc8.0というノイズキャンセルが働きます。

チップセット

ポイント

QCC3020搭載で、高性能なSoCによる安定した品質

→最近話題なっている完全ワイヤレスイヤホンに、多く採用されています。

性能が高く、高音質に結び付きやすいようです。

QCC3020は、Qualcommという半導体メーカーの中でも最大手の製品です。

上位クラスにQCC5100シリーズ。エントリークラスとしてQCC30xxシリーズが位置しています。

QCC5100シリーズが発表されていますが、まだ普及してません。

QCC30xxシリーズは評価の高い完全ワイヤレスイヤホンに使われています。

細かく説明すると専門的になりすぎるので、評価出来るポイントは以下です。

QualcommのQCC3020の製品ページはこちら※英語です。

・TWS Plusという左右の接続安定性を向上する機能がある

※端末側はSnapdragon 845以上が必要。しかし、対応機種以外でも接続は安定していて、バッテリー持続時間も向上します。

・AAC、aptXのコーデックに対応している。

特にaptXは低高音域を切り捨てずに通信することで、高音質を実現しています。※端末側も対応している必要があります。

yosh
yosh

QCC3020を推す理由としては、価格がこなれてきて安い製品が出てきたからです。

aisu
aisu

高性能なのに値段が下がってきたの!?良いじゃん!

SoundPEATS Truengine SEのペアリング

ペアリング手順(Android)
  • 手順1
    スマホのbluetoothをONにする
    SoundPEATS Truengine SE レビュー

    「新しいデバイスとペア設定する」を選択する

  • 手順2
    イヤホンをペアリング状態にする
    SoundPEATS Truengine SE レビュー

    ケースから取り出すと、ペアリング状態になります

  • 手順3
    ペアリングするイヤホンを選択する
    SoundPEATS Truengine SE レビュー

    「SOUNDPEATS Truengine SE」を選択する。

    SoundPEATS Truengine SE レビュー

    「SOUNDPEATS Truengine SE Lをペアに設定しますか?」と聞かれたら、「設定する」を選択する。

  • 手順4
    接続完了
    SoundPEATS Truengine SE レビュー

    一度ペアリングすれば、以後ケースから取り出すだけで自動接続してくれます。

SoundPEATS Truengine SEの装着感

aisu
aisu

耳の穴が浅くて狭い私には、本体が大きくて落ちてしまいます・・・。イヤーピースのサイズを変えても、ほとんど改善しませんでした。

yosh
yosh

大きさがあるので、しばらくすると抜けてきます。ほとんどのイヤホンがフィットする私でも少し浮いてますね。

SoundPEATS Truengine SE レビュー

同じSoundPEATSのTrueShiftと比べてみても、ステムの高さが違うのが分かってもらえると思います。

重心が耳から遠くなるので、抜けやすくなる側面があるようです。

本体の大きさが仇となって、耳が小さい人には厳しいです。耳が深く、広い人に向いています。

SoundPEATS Truengine SEの音質

ポイント

低音強調、高音強調の2つのデュアルドライバーで、迫力のある音質

→音質テストでデュアルドライバーの真価を問うていきましょう。

pixel3aとaptXの組み合わせで検証を行いました。

この音質テスト用の音源で聞き比べています。

音声テスト
  • 男性の声:聞き取りにくい声なのですが、明瞭に聞こえます。
  • 動物の鳴き声:鶏の鳴き声は、高らかに響いています。馬の鳴き声は、低音部分が響てきて、迫力があります。
  • 太鼓の音:太鼓の震える振動が伝わってきます。低音強調のドライバーが良い仕事をしています。
  • チェロの音:弦がすれる微かな音も聞こえます。音域が広いように感じます。
  • ベル:艶のある高音が聴けます。高音はキンキンせず、非常に心地いいです。
  • ピアノ:中音が少し弱いので、ピアノは少し奥まったような感じに聞こえます。
  • 民族音楽:凄く迫力があって、聴きごたえがあります。
  • オーケストラ:デュアルドライバーの真価が発揮されています。それぞれの楽器が奏でる音が、臨場感をもって再現されています。

個体差の可能性がありますが、yoshが検証した個体は、低音が強めに出ています。

音域のバランスを5段階で表すとしたら、高音:4、中音:3、低音:5という感じです。

中音域がデュアルドライバーの谷間になっているようで、女性ボーカルくらいの高さが苦手です。

・デュアルドライバーによって、バンドなどの複数音が重なる音源で、立体感が出ています。

・低音強調と高音強調の2つのドライバーに分けたことで、思い切った調整になっていて、切れのある音質になっています。

中音域が谷間に入ってしまい、女性のボーカルぐらいの音域が、弱くなっています。

イヤーチップをソニーのハイブリッドイヤーピースにしてみたところ、女性ボーカルも及第点まで改善しました!

元々、低音が強いので、イヤーチップの径狭くて中~高音が伸びる物が向いています。

SoundPEATS Truengine SEの操作性

ボタン式です。

ロゴの部分がシリコン素材で、奥に物理ボタンがあります。

感度は良好で、音量調節も思った通りに操作出来ます。

音楽一時再生/停止L/Rを1回押す
前の曲Rを1.5秒押す
次の曲Lを1.5秒押す
音量を下げるRを2回押す
音量を上げるLを2回押す
電話応答/切るL/Rを1回押す
着信を拒否するL/Rを1.5秒押す
手動で電源をONにするケースから取り出す/1.5秒押す
手動で電源をOFFするケースに戻す/8秒押す
ボイスアシスタントL/Rを3回押す

音量調節が、本体で思った通りに操作できるのは凄く良いです!

ボタンの周りに淵があるので、何度も押しているとシリコンが破れそうで、少し不安です。

SoundPEATS Truengine SEの評価

音質(高音)4.0
音質(中音)4.0
音質(低音)4.5
連続再生時間(単体)4.0
操作性4.5
コストパフォーマンス5.0
総合評価4.3

音質は、かなり良いです。デュアルドライバーでの音の調整が素晴らしい。

低音が強く出ているので、イヤーチップで好みの音質のする事も出来ます。そもそも低音が出ていないと、イヤーチップを変えても、大きな変化は見込めません。

連続再生時間も申し分ないです。

操作性も抜群で、ストレスがありません。

デュアルドライバーで、この値段はあり得ません。ケースや本体の質感も良いし、お値段以上であることは間違いありません。

SoundPEATS Truengine SEのまとめ

「SoundPEATS Truengine SE」は、いかがだったでしょうか?

良かったところ、悪かったところをまとめていきましょう!

  • ケースの質感が凄く良いです。マットな質感でサラサラして、触り心地が良い。
  • AAC、aptXに対応しているので、高音質を低遅延で楽しめます。
  • デュアルドライバーによって、バンドなどの複数音が重なる音源で、立体感が出ています。
  • 低音強調と高音強調の2つのドライバーに分けたことで、思い切った調整になっていて、切れのある音質になっています。
  • 音量調節が、本体で思った通りに操作できるのは凄く良いです!
  • デュアルドライバーで、この値段はあり得ません。ケースや本体の質感も良いし、お値段以上であることは間違いありません。
  • 本体の大きさが仇となって、耳が小さい人には厳しいです。耳が深く、広い人に向いています。
  • 中音域が谷間に入ってしまい、女性のボーカルぐらいの音域が、弱くなっています。
yosh
yosh

とにかく音質に驚きました。「AirPods Pro」には、負けず劣らずかも

aisu
aisu

本体の大きさの問題がクリア出来る人にとっては、かなり良い選択肢になりそうね!

Amazonチャージ

◎Amazonギフトチャージのススメ

yosh
yosh

これ普通に知らなくて損してました。プライムの年会費を回収出来るぐらい使ってました・・・。

Amazonギフト券を現金でチャージする」と、最大2.5%のポイントが付与されます。現金とは、コンビニ・ATM・ネットバンクを指します。詳細はこちら

以下のポイント付与率ですので、Amazonプライム会員になった方がお得ですね。

Amazonチャージポイント付与率
ポイント付与率
aisu
aisu

現金で購入して初回チャージで1,000ポイントもらえるじゃん。やっておきなよ。

普段からよく使うならAmazonプライム会員になっておいて、チャージしておく方がお得です。

—BigChance!—

タイトルとURLをコピーしました