【ガジェット】HUAWEI FREEBUDS 3 レビュー

HUAWEI_FREEBUDS_3_icatchガジェット
スポンサーリンク

HUAWEI FREEBUDS 3の特徴

HUAWEI FREEBUDS 3」を購入しましたので、性能を見ていきましょう~!

「開放型 × ノイズキャンセル」という選択肢はアリか?

aisu
aisu

開放型にノイズキャンセルを付けても、結局は外音が聞こえるから意味ないでしょ?

yosh
yosh

同じ事を思ったけど、実際はノイズキャンセルの恩恵は凄かったよ!

・ノイズキャンセルは効くのか?

ノートPCのファンの音が完全に消えます。※PCは通常の負荷(45dB前後)で、ノイズキャンセル(50%程度)に設定。

人間が不快だと感じる、ファンの音、電車の走行音を、程よく低減してくれます。

・開放型であるメリットは?

開放型のため、装着時の閉塞感がありません。着け心地が軽いため、長時間の装着にも強いです。

ノイズキャンセルをONにしても、人の声や高音は聞こえます。外出時に使う場面が多いので、安全性を考慮すると開放型が向いています。

・どんな時に便利なの?

  • 家で作業している時に家族に話しかけられる
  • オフィスで集中して作業しつつ、同僚に話しかけられても気付ける
  • 電車のアナウンスを聞き逃す事無く、音楽を聴ける
  • うるさい場所で作業する時に、音楽を再生せずにノイズキャンセルだけ利かす

HUAWEI FREEBUDS 3の外観と付属品

パッケージからしっかり作られており、相応の高級感を醸し出していますね。期待出来そうです。

一番外がカバーになっています。中の箱を右にスライドすると出てきます。

yosh
yosh

御開帳~!

こういう左右に開くタイプのパッケージ好きなんですよね。高級感のある製品に採用されている場合が多いので、ワクワクします。

ケースのデザインが素晴らしいです。丸くて薄いので可愛さと、傾向性を兼ね備えています。

ケースは光沢のあるプラスチック製で、ロゴとヒンジは金属性で耐久力がありそうです。ヒンジの部分は、そこそこ指紋が残ります。

丸形のケースは結構可愛くて好きです。薄いし、小さいので携行しやすいですよ!

掌に載せてもこの小ささ、なかなかやりますね~。

充電端子は、Type-Cです。端子の右側の穴が、LEDになっていて充電した時に光ります。

ケースは、写真のように開きます。本体は取り出しやすくて、好印象です。

本体は、本当にAirPodsに似ていますね。

うどん部分はそこそこ長いです。装着イメージは、後で出てくる装着画像を見て下さい。

付属品は、保証書、充電ケーブル(USB Type-A to Type-C)、アプリのQRコード、クイックスタートガイド、安全のしおりです。

充電ケーブルは、USBのType-A to Type-Cです。長さは、1mです。

ケースと本体の重量は、57.8gです。軽い部類に入ります。

本体は、4.6gです。平均的な重さです。

本体は左右の重さの違いはなく、9.2gでした。

HUAWEI FREEBUDS 3の説明書

クイックスタートガイドを置いておきます。

HUAWEI FREEBUDS 3の性能

防塵性・防水性

IP54です。

防水性は、時計とかで言われる生活防水です。軽い雨や水の飛沫が掛かる程度は問題ありません。

「AirPods Pro」と同じ性能を有しています。

防塵性能も有しているので、細かい砂やほこりにも強いです。

連続再生時間

本体のみで4時間、ケース込みで20時間です。

ノイズキャンセルイヤホンの中でも、再生時間は短めです。通常使用には十分だと思いますが・・・。

コーデック

SBC、AACに対応しています。

Androidのpixel3aで、コーデックを確認しました。

ノイズキャンセル

ノイズキャンセル機能があります。アプリから調整出来ます。

・電車

電車で使う場合の利点は、アナウンスが多少聞こえる事です。ノイズキャンセルを中程度に設定していれば、アナウンスは聞こえます。

・スーパー

冷蔵庫の「ブーン」という低音は、かなり低減されます。

・道路

「ガー」という走行音は、かなり消えてくれます。

・高速道路の車の走行音

我が家から50m程の所に高速道路がありますが、ベランダに出ても車の走行音がかなり低減します。

ノイズキャンセルの強さは、「AirPods Pro」が勝っています。「AirPods Pro」とは異なり、静寂を得る事は出来ませんが、「余計な雑音」を程よく消してくれます。

ノイズキャンセルの強度を変更できますが、55%以上に設定すると、逆にノイズが気になるのでオススメしません。(ダイヤル表示なので、半分と少しの設定を55%と表現しました)

「開放型×ノイズキャンセル」という点で、異なる特性を持っているので、ノイズキャンセルの性能だけでは決め手にならないと思います。

ポイント

開放型のノイズキャンセルは、「音楽を邪魔する音を消してくれる」イメージで心地良く音楽を楽しませてくれます。

外音取り込み

オープンフィット型のため、自然に外音を取り込みます。マイクで音を収集して、再生するタイプではありません。

ポイント

オープンフィット型のため、自然の音をそのまま聞くことが出来ます。

ワイヤレス充電

ワイヤレス充電が可能です。Qiに対応しています。

アプリ

「HUAWEI AI Life」というアプリから、各種設定が可能です。

Android版しか提供されておらず、iPhoneだと初期設定でしか使えません。

Androidで設定を変更して、iPhoneで使う事は可能です。

  • 本体左右、ケースの電池残量を個別に確認
  • ダブルタップのショートカットを設定
    • 再生/次へ
    • 再生/一時停止
    • 音声アシスタントを起動
    • ノイズキャンセリングを有効化/無効化
    • なし
  • ノイズキャンセリングの強度を設定
  • ファームウェアの更新
HUAWEI AI Life

HUAWEI AI Life

Huawei Internet Service無料posted withアプリーチ

アプリがAndroid版しか提供されていない

HUAWEI FREEBUDS 3のペアリング

ペアリング手順(Android)
  • 手順1
    スマホのbluetoothをONにする

    「新しいデバイスとペア設定する。」を選択する。

  • 手順2
    イヤホンをペアリング状態にする

    ケースに丸いボタンがあるので、長押しする。

  • 手順3
    スマホでペアリングするイヤホンを選択する

    「FreeBuds 3」を選択する。

  • 手順4
    接続完了

    一度ペアリングすれば、以後ケースから取り出すだけで自動接続してくれます。

HUAWEI FREEBUDS 3の装着感

aisu
aisu

耳にすっぽりハマってくれて、跳んでも落ちそうにありません

yosh
yosh

耳のサイズは中ぐらいですが、余裕があり激しく動くのは不安があります

イヤーチップで大きさが変えられないので、耳の大きな人には小さいかもしれません。

今後、シリコン製のカバーが出てきそうで。ただ、ケース内に余裕が無いので、ケースには収まりませんね・・・。

もしかしたら、AirPodsのカバーが流用出来るかもしれません。要望が多ければ、試してみますので、コメントをお願いします。

HUAWEI FREEBUDS 3の音質

pixel3aとAACの組み合わせで検証を行いました。

この音質テスト用の音源で聞き比べています。

音声テスト
  • 男性の声:元々聞き取りにくい声なのですが、はっきりと明瞭に聞こえます。
  • 動物の鳴き声:綺麗に聞こえますが、馬の鳴き声の響きは少ないです。
  • 太鼓の音:太鼓の響く感じが感じられます。開放型なのに凄いです。
  • チェロの音:低音の重厚感は感じませんが、音はしっかり出ています。
  • ベル:高音はクリアで聴きやすいです。
  • ピアノ:一音、一音が綺麗に聞こえます。
  • 民族音楽:それなりに迫力のある音に仕上がっていて、驚きです。
  • オーケストラ:楽器が織りなす和音が心地よく鳴っています。

低音、中音、高音のバランスを5段階で表すと、低音:4、中音:3、高音:4といったところです。

14mmドライバのお陰で、開放型とは思えない程、低音が出ています。

開放型の音の抜け感は、好みが出そうです。重低音を好む人には向かないです。

HUAWEI FREEBUDS 3の操作性

タッチセンサー式です。ダブルタップのみ反応します。

再生/停止L/Rの2回タップに設定可能
前の曲「音源」で操作
次の曲L/Rの2回タップに設定可能
音量を下げる「音源の」音量ボタンを下げる
音量を上げる「音源の」音量ボタンを上げる
電話応答/切るL/Rの2回タップに設定可能
着信を拒否する「音源」で操作
電源をONにするケースから取り出す
電源をOFFするケースに戻す
ボイスアシスタントL/Rの2回タップに設定可能
ノイズキャンセル切替L/Rの2回タップに設定可能

操作をカスタマイズ出来るのは良いですね。

タッチセンサーの範囲は小さめで、雑にタッチすると反応しない事も多いです。

HUAWEI FREEBUDS 3の評価

音質(高音)4.0
音質(中音)4.0
音質(低音)4.5
連続再生時間(単体)4.0
操作性4.0
コストパフォーマンス5.0
総合評価4.3

音質は、HUAWEIの本気を感じます。

耳に届くときにはフラットな傾向になっています。開放型なので、低音が弱くなりがちですが、14mmドライバーを採用する事で、低音を強くしてバランスを取っています。音質へのこだわりが感じられました。

連続再生時間は、最近のイヤホンと比べると短めです。

ノイズキャンセルイヤホンとしても、少し短めです。通常は、1~2時間程度の使用だと思いますので、問題にならないかもしれませんね。

コストパフォーマンスは、現状最強です!

他のノイズキャンセルイヤホンが、2万5千~4万なのに対して、2万程度で買えるのは強みです。

HUAWEI FREEBUDS 3のまとめ

HUAWEI FREEBUDS 3」はいかがだったでしょうか?

良かった点、悪かった点をまとめていきましょう~!

  • 「開放型 × ノイズキャンセル」というアイデンティティーが、生活を拡充してくれる
  • ケースのデザインが素晴らしいです。丸くて薄いので可愛さと、傾向性を兼ね備えています。
  • 14mmドライバのお陰で、開放型とは思えない程、低音が出ています。
  • 操作をカスタマイズ出来るのは良いですね。
  • ノイズキャンセルイヤホンの中でも、再生時間は短めです。通常使用には十分だと思いますが・・・。
  • アプリがAndroid版しか提供されていない。
  • イヤーチップで大きさが変えられないので、耳の大きな人には小さいかもしれません。
  • 開放型の音の抜け感は、好みが出そうです。重低音を好む人には向かないです。
  • タッチセンサーの範囲は小さめで、雑にタッチすると反応しない事も多いです。
aisu
aisu

誰にとっても、最強の完全ワイヤレスイヤホンとは言えない感じ?

yosh
yosh

自分の使い方と照らし合わせて、「開放型×ノイズキャンセル」の利点を活かせる人向けです

aisu
aisu

装着感の軽さは飛び抜けているので、常時装着したい人にも良さそう

HUAWEI FREEBUDS 3のファームウェアアップデート

  • 2019/12/05 更新確認 1.9.0.202
    • Bluetooth接続の安定性を向上
    • システムの互換性を最適化
    • イヤフォンの再生音質を向上し、装着時の検出応答性を向上
  • 2019/12/16 更新確認 1.9.0.208
    • 右のイヤホンをダブルタップすると通話が終了します
Amazonチャージ

◎Amazonギフトチャージのススメ

yosh
yosh

これ普通に知らなくて損してました。プライムの年会費を回収出来るぐらい使ってました・・・。

Amazonギフト券を現金でチャージする」と、最大2.5%のポイントが付与されます。現金とは、コンビニ・ATM・ネットバンクを指します。詳細はこちら

以下のポイント付与率ですので、Amazonプライム会員になった方がお得ですね。

Amazonチャージポイント付与率
ポイント付与率
aisu
aisu

現金で購入して初回チャージで1,000ポイントもらえるじゃん。やっておきなよ。

普段からよく使うならAmazonプライム会員になっておいて、チャージしておく方がお得です。

—BigChance!—

コメント

タイトルとURLをコピーしました