BOMAKER SiFi|最安級ハイスペックイヤホン!

BOMAKER_SiFi_icatchワイヤレスイヤホン
yosh
yosh

ハイスペックで、ハイコスパなイヤホンを見付けてしまった・・・

aisu
aisu

凄いやん。どこで眠ってたの!?

yosh
yosh

ネットって凄いよね。まずは目次で全体像をチェックしてください!

BOMAKER SiFiの特徴

ハイスペック&ハイコスパの真相に迫る

BOMAKER SiFi レビュー

BOMAKER SiFi」を手に入れたので、レビューしていきましょう~!

ポイント

  • 本体6時間、ケース込み30時間使えるのに、ケースも本体も最小クラス
  • aptX、AAC対応で、高音質かつ低遅延
  • 物理ボタンで快適な操作性
  • 基本性能が高いのに、3千円台で買えるコストパフォーマンス
yosh
yosh

基本性能どおりの実力を見せてくれました!詳細を見ていきます

BOMAKER SiFiの外観と付属品

2種類、3サイズのイヤーピース付きは豪華

BOMAKER SiFi レビュー

パッケージは、コストを抑えてシンプルに仕上げられています。密閉度が高くて、蓋が取れない(笑)

BOMAKER SiFi レビュー

まずは、ケースを見ていきます。丸みを帯びたシンプルなケースになっています。

小さくてプラスチック製なので、滅茶苦茶軽いですよ!マットな質感で、指紋も全然残りません。

手が小さい方なのに、このサイズ感です。ポケットに入れていても、邪魔になりません。

BOMAKER SiFi レビュー

本体を取り出してみると、これまた小さい。こちらマットな質感で、指紋も残りません。ボタン部分は、凹凸があります。

yosh
yosh

特徴的な受話器のデザイン。これは無くても良かったのでは・・・?

受話器のデザインが、人によっては好みではない。

ステムが長めで、耳の奥まで入れる形状になっています。遮音性、装着感も悪くなさそう。

BOMAKER SiFi レビュー

付属品は、説明書、充電ケーブル、シリコンイヤーチップ、傘型イヤーチップです。

充電ケーブルは、Type-A to micro-USBです。イヤーチップは2種類あって、黒いシリコン製の標準形状(S / M / L)、半透明の傘型(S / M / L)です。

BOMAKER SiFi レビュー

重量はケースと本体で、40.4gです。手持ちのイヤホンで最軽量でした。

本体は、4.0gです。左右に重さの違いはなく、合計8.0gでした。これまた最軽量です。

ケース、本体ともに最軽量クラスです!

BOMAKER SiFiの説明書

困ったときのやつ

説明書は、日本語です。誤字もありますが、内容は理解できるので、問題ありません。

困ったときに見れるように、説明書を置いておきます。ブックマークしておくと便利に使ってもらえると思います。

BOMAKER SiFiの性能

IPX7、aptX・AAC、6時間再生は嘘ではない?

防水性

IPX7です。

連続再生時間

本体で、6時間。ケース込みで、30時間です。

連続再生時間は、1週間ほど旅行できるレベル!

コーデック

SBC、AAC、aptXです。

BOMAKER SiFi レビュー
yosh
yosh

Android使いなので、この価格でaptXに対応しているのは、嬉しいです。YouTubeなどで、口の動きと音のズレが少ないので、あまり気になりません。

遅延についての補足

aptXは70ms(0.07秒)、AACは120ms(0.12秒) 、SBCは220ms(0.22秒)

この価格にして、高音質、低遅延のaptXに対応。

ノイズキャンセル

音楽再生時にノイズキャンセル機能は、働きません。

外音取り込み

外音取り込み機能はありません。

ワイヤレス充電

対応していません。

BOMAKER SiFiのペアリング

超高速ペアリングに工夫あり

ペアリング手順(Android)
  • 手順1
    スマホのBluetoothをONにする

    「新しいデバイスとペア設定する」を選択する。

  • 手順2
    イヤホンをペアリングモードにする

    ケースを開けるとペアリング状態になります。LEDが赤と青に点滅します。

  • 手順3
    スマホでイヤホンを選択する

    「SiFi」を選択する。

    「SiFiをペアに設定しますか?」と聞かれたら、「ペア設定する」を選択する。

  • 手順4
    接続完了

    以降は、ケースから取り出すだけで自動接続されます。

ほとんどのイヤホンは、ケースから”取り出す”とペアリング状態になります。

このイヤホンはケースを”開ける”とペアリングが始まるので、耳に付ける頃にはペアリングが完了しています。

ケースを開けるとペアリング開始!耳に付ける頃にはペアリング完了!

BOMAKER SiFiの装着感

耳の奥までしっかり挿入

aisu
aisu

耳が浅くて入っていませんが、小さくて負担が少ないです

yosh
yosh

本体を回すことで、フィットする場所を見付けられます。私は標準的な耳の大きさですが、本体が小さいので結構回しています

ステムが長めで、耳の奥まで挿入するタイプです。奥まで入れて、耳の窪みで支える形状です。

小型でフィット感を得やすい形状です。耳の形状に左右されにくくてGOOD!

ステムは高さ3mm(窪み:出っ張り=2mm:1mm)。直径5mmです。

イヤーチップの交換は可能です。写真は、「SONYのハイブリッドイヤーピースMサイズ」です。

ケースにも収まって、問題なく充電できています。ぎりぎりなので、これ以上大きいと充電できそうにありません。

BOMAKER SiFiの音質

分かりやすいドンシャリ・低音の量感は!?

Pixel3aとaptXの組み合わせで検証を行いました。

この音質テスト用の音源で聞き比べています。音源は、どなたでも同じように検証できるように、YouTubeの動画としています。

傘型のイヤーチップは、低音が弱かったので、標準的な形のシリコンのイヤーチップで検証します。

  • 男性の声:若干篭って聴こえます。少し不得意な音域のようです。
  • 動物の鳴き声:鶏の鳴き声が、綺麗に響き渡ります。馬の鳴き声は、解像感は普通ですが、低音の量感を感じさせます。
  • 太鼓の音:太鼓の振動をしっかりと届けてくれます。
  • チェロの音:弦の細かな響きがあり、程よいアタック感があります。
  • ベル:クリアな音質で、少し艶感が出ています。
  • ピアノ:中音域が苦手なのか、篭り気味です。
  • 民族音楽:やはり中音域が苦手。短い高めの音は響きが良いです。
  • オーケストラ:ヴァイオリンが、綺麗に聞こえます。楽器の織り成す響きが心地良いです。

音域のバランスは、高音:3.5、中音:2.5、低音:4ぐらいで、ドンシャリ傾向の音質です。

ボーカル音あたりの音域が弱いので、少し奥にあるように感じるでしょう。その分、高音と低音が前面に出てきます。ドラムやベースの音が好きなら、好みの音質だと思います。

逆にボーカル音を主体で聴きたい人には、”クリアさ”が少し物足りないと思います。

付属のイヤーチップだと中音域が物足りないかも。

イヤーチップ交換がドはまりするイヤホン

イヤーチップについて

材質、大きさ、長さ、穴の大きさなどが、音質を左右します。検証は標準のイヤーチップを使っていますが、好みの音質に替える事が可能です。

今回は、SONY ハイブリッドイヤーピースに交換したところ、苦手な中音域が改善されました。

好全員が気に入ってもらえるか分かりませんが、安いのでご一緒に購入してみると、楽しみが増えると思いますよ。

BOMAKER SiFiの操作性

物理ボタンで誤操作なし

物理ボタン式です。

何回押したかが分かりやすいので、誤操作がほぼありません。

再生/停止L/Rを1回押す
次の曲Rを2秒押す
前の曲Lを2秒押す
音量を上げるRを2回押す
音量を下げるLを2回押す
電話応答/切るL/Rを1回押す
着信を拒否するL/Rを2回押す
電源をONにするケースから取り出す、1秒長押し
電源をOFFするケースに戻す、L/Rを4秒長押し
ボイスアシスタントRを3回押す
  • 物理ボタンで、誤操作が少ない。
  • 本体で音量調節が可能。使い勝手が良いです。

ボタンが若干硬いです。※使っていると改善するかも・・・

BOMAKER SiFiの評価

ハイスペックコスパモンスター!

音質(高音)4.0
音質(中音)4.0
音質(低音)4.0
連続再生時間(単体)4.5
操作性4.0
コストパフォーマンス4.5
総合評価4.2

音質は、ドンシャリ傾向になっています。ドラムやベースをメインで聴きたい人に向いています。解像感、クリアさを求める人には、物足りないです。

連続再生時間は、本体6時間、ケース込みで30時間です。1週間ほど旅行に行っても、充電がいらないレベルです。音量にもよりますが、aptXだと4~5時間ぐらいになります。

操作性については、物理ボタンが優秀です。本体で音量調節が可能なのも、使い勝手が良いですね。

コストパフォーマンスは、非常に優秀です。セールになる時もありますよ。

全体として、ハイスペックなのに、コストパフォーマンスが高いです。音質は好みですが、どれにしていいか分からないなら、これから始めるのは”アリ”です!

スペックからすると、コストパフォーマンスが高いです!

BOMAKER SiFiのまとめ

音質とスペックに大満足!

BOMAKER SiFi レビュー
  • 連続再生時間は、1週間ほど旅行できるレベル!
  • ケース、本体ともに最軽量クラスです!
  • この価格にして、高音質、低遅延のaptXに対応。
  • ケースを開けるとペアリング開始!耳に付ける頃にはペアリング完了!
  • 小型でフィット感を得やすい形状です。耳の形状に左右されにくくてGOOD!
  • 物理ボタンで、誤操作が少ない。
  • 本体で音量調節が可能。使い勝手が良いです。
  • スペックからすると、コストパフォーマンスが高いです!
  • 受話器のデザインが、人によっては好みではない。
  • 付属のイヤーチップだと中音域が物足りないかも。
  • ボタンが若干硬いです。※使っていると改善するかも・・・

同価格帯の製品と比較

【第2世代】Anker Soundcore Liberty NeoとSiFiの比較

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo」は、ANKERのエントリークラスのイヤホンです。現在の完全ワイヤレスイヤホンのスタンダードモデルで、「どれを買ったらいいか分からない」ならコレ!

  • デザイン
    • 小型で軽量が良いなら、断然SiFiです。
  • 音質
    • どちらもドンシャリ傾向です。Liberty Neoの方が、硬めのクリアな音質です。
  • 装着感
    • どっちも良いですが、耳が大きいなら、奥まで入れるタイプのSiFi。耳が小さいなら、イヤーウィングが支えになるLiberty Neoが良いかもしれません。
yosh
yosh

ブランドで選ぶならLiberty Neo。小型軽量ならSiFIです

SoundPEATS Truengine SEとSiFiの比較

SoundPEATS Truengine SE」は、2つのダイナミックドライバーで構成されています。それぞれ低音強調と高音強調となっていて、立体感のある音質が特徴です。

QCC3020という、同じチップセットを搭載しているため、比較してみます。

  • デザイン
    • 両方ともマットな質感で、甲乙つけがたいです。
  • 音質
    • デュアルドライバーの立体感で、SiFiを圧倒します。Truengine SEも完璧ではなく、デュアルドライバーの間に、谷間があります。
  • 装着感
    • Truengine SEは、大きめなので、耳が小さい人には向きません。
yosh
yosh

音質重視なら、立体感のあるTruengine SE。耳が小さいなら、圧倒的にSiFiです

Amazonチャージ

◎Amazonギフトチャージのススメ

yosh
yosh

これ普通に知らなくて損してました。プライムの年会費を回収出来るぐらい使ってました・・・。

Amazonギフト券を現金でチャージする」と、最大2.5%のポイントが付与されます。現金とは、コンビニ・ATM・ネットバンクを指します。詳細はこちら

以下のポイント付与率ですので、Amazonプライム会員になった方がお得ですね。

Amazonチャージポイント付与率
ポイント付与率
aisu
aisu

現金で購入して初回チャージで1,000ポイントもらえるじゃん。やっておいた方がいいね。

普段からよく使うならAmazonプライム会員になっておいて、チャージしておく方がお得です。

—BigChance!—

コメント