【ガジェット】Bose SoundSport Freeレビュー【完全ワイヤレスイヤホン】

Bose SoundSport Freeガジェット
スポンサーリンク

Bose SoundSport Freeの特徴

Bose SoundSport Free」を見ていきましょうー!

この製品を選ぶにあたって、頭に入れておいて頂きたい事が3つあります。

  1. 完全ワイヤレスイヤホンとしては音質抜群なBoseサウンドである
  2. スポーツ向けの開放型イヤホンのため、デメリットもある
  3. 用途が合えば抜群の完全ワイヤレスイヤホンが体験出来る

1.完全ワイヤレスイヤホンととして音質抜群なBoseサウンドである

驚くべきはこの商品が「2017年11月3日に発売された完全ワイヤレスイヤホン」という事です。

最新のSoCを搭載した製品が多く出ていますが、これだけ低音から高音まで綺麗に出す製品は少ないです。

2.スポーツ向けの開放型イヤホンのため、デメリットもある

この製品は使用する用途が明確に設計されています。

開放型のため、メリットとデメリットがあるので整理します。

車、自転車、人の会話がはっきり聞き取れますので、安全にランニングやウォーキングを楽しむ事が出来ます。

自然な音の広がりを感じられます。抜け感が良い。密閉型は音が反射して篭るような感じます。

自分の歩く音や心音が気になりません (これは結構重要です) 。ランニングには最適です。

音漏れがあります。電車の騒音に伴って音量を大きくすると、隣の人には聞こえてしまうでしょう。

環境音が入るので、没入感は得られません。

3.用途が合えば抜群の完全ワイヤレスイヤホンが体験出来る

開放型によるメリットとデメリットを把握してもらいました。

デメリットは許容出来ますか?

ご自分の用途と照らし合わせてデメリットを許容できる場合、「Bose SoundSport Free」は抜群の完全ワイヤレスイヤホンです。

yosh
yosh

「Bose SoundSport Free」の詳細を確認して、価値を見極めてください!

Bose SoundSport Freeの外観と付属品

Bose SoundSport Free

箱からして高級感を醸し出してます。

Bose SoundSport Free

左右に開くと本体と、付属品に分かれて入っています。

Bose SoundSport Free

ケースはプラスチックで、マットに仕上げられています。指紋は全然つかないです。

プラスチックですが高級感を出してくるのは流石です。

Bose SoundSport Free

ケースの充電端子は「micro-USB」です。

Bose SoundSport Free

横から見ると楕円形で持ちやすい形とサイズ感です。

Bose SoundSport Free

ケースを開けると本体はこんな感じで収まっています。

本体の側面がカッコイイ仕上げになっています。おそらく下地に金色のラメがあって、上に半透明の黒いプラスチックになっています。

少し光が入ると色が入っているのが分かって、質感が高いです。

Bose SoundSport Free

Rに「+ボタン」、「マルチファンクションボタン」、「-ボタン」

イヤーチップのウィングもあって本体は大柄です。

Bose SoundSport Free

Lに「Bluetoothボタン」

イヤーピースは開放型のため、耳の穴を蓋するような山型になっています。

Bose SoundSport Free

付属品は、充電ケーブル、イヤーチップ3種類(1種類は本体に装着)、安全のしおり、説明書です。

ACアダプタは付属していませんのでご注意ください。スマホの充電器はお持ちだと思いますので、USBが接続出来れば流用できます。

Bose SoundSport Free

micro-USBケーブルです。Type-Cが良いですが、2017年発売なのでしょうがない。

Bose SoundSport Free

専用のイヤーチップになっています。市販のイヤーチップは使えません。

Bose SoundSport Free
Bose SoundSport Free

「説明書がアプリに従え」と書いているだけで、ちょっと不親切です。

Bose SoundSport Free

ケースと本体の重量は100.1gでした。完全ワイヤレスイヤホンの中では重い方ですね。

Bose SoundSport Free

本体はRが9.3g。重い方ですが、ウィングでも支えるので落ちたりはしません。

Bose SoundSport Free

本体Lの重さは9.0gでした。ボタンの数が違うので、左右の重さが違います。

Bose SoundSport Freeの性能

防水性

防水性は「IPX4」です。

「水の飛まつに対して保護」するので、雨がパラパラと当たるのは大丈夫。水がバシャっと掛かるのはNGです。

連続再生時間

連続再生時間は本体のみで5時間、ケース込みで15時間となっています。

スポーツや家事に使うには十分な時間ですね。

最新のイヤホンは単体で10時間連続再生の製品もありますが、「そんなに必要?」というのが正直な意見です。

理由があれば、連続再生時間の長い製品を選びましょう。

コーデック

SBC、AAC対応

pixel3aでAAC、SBCの接続を確認しました。

ノイズキャンセリング

音楽再生にノイズキャンセリング機能はありません。

前述したとおり開放型のため、パッシブノイズキャンセルも働きません。

「運動する時は外音が聞こえて安全です」と付け加えておきます。

パッシブノイズキャンセルとは?

密閉型のイヤーピースで、耳の外耳道の入り口を塞いで外音を遮断する事です。

Bose SoundSport Freeのペアリング

ペアリング手順(android)
  • 手順1
    イヤホンをペアリング状態にする
    Bose SoundSport Free

    ケースから取り出すとペアリング状態になります。

  • 手順2
    スマホのbluetoothをONにする
    Bose SoundSport Free

    スマホのbluetoothをONにして、「新しいデバイスとペア設定をする」を押す。

  • 手順3
    スマホで接続するイヤホンを選択する
    Bose SoundSport Free

    「LE-Bose Free SoundSport」を選択します。

  • 手順4
    接続完了
    Bose SoundSport Free

    一度ペアリングすれば、以後ケースから取り出すだけで自動接続してくれます。

Bose Connectというアプリからも、設定が可能です。

bluetooth接続だけでなく、紛失時の手助けやマニュアルなどが見られます。

Bose Connect

Bose Connect

Bose Corporation無料posted withアプリーチ

Bose SoundSport Freeの装着感

Bose SoundSport Free
aisu
aisu

耳の穴が小さくてフィットする物が少ないですが、「StayHear+ Sportチップ」のウィング部分がしっかり抑えてくれるので安心感があります!

yosh
yosh

耳の穴の入り口にチップで「蓋をする」という感覚です。奥まで入り込むわけではありません。それをウィングが引っ掛かって抑えます。軽く浮いている感覚なので、慣れるまで少し不安感があります。

チップの形状が特殊なので、耳の形によってどうしても合わない人が居るかも・・・。

Bose SoundSport Freeの音質

pixel3aとAACの組み合わせで検証を行いました。

検証は以下の楽曲を使用しました。

男性の声:少しだけ篭った感じですね。

太鼓&シンバル:音の響きが感じられます。

チェロの音:低音は良く出ていますが、どうしてもドライバのサイズが小さいので強くは出ていません。

金管:高い音が出ていますが、マイルドな印象です。音量を大きくしても突き刺さるような音にならないのが凄い!

ピアノ:綺麗な音色で軽やかな印象です。

全体:音量によって自動でイコライザーを調整してくれます。このバランスが素晴らしいです。

音のバランス感が素晴らしく、流石はBoseだなと思わせてくれます。

マイルドな音質で耳に優しいので、家事をしながら聞くのにも良いですね。

音の定位も素晴らしいです。

※完全ワイヤレスイヤホンとしては超優秀です。有線イヤホンやヘッドホンと比べないでくださいね。構造上、酷な話です。

Bose SoundSport Freeの操作性

音楽一時再生/停止マルチファンクションボタン(以下MFB)を1回押す
前の曲MFBを3回押す
次の曲MFBを2回押す
音量を下げる+ボタンを押す
音量を上げる-ボタンを押す
電話応答/切るMFBを1回押す
着信を拒否するMFBを1秒間長押し
手動で電源をONにするケースから取り出す
手動で電源をOFFするケースに戻す
ボイスアシスタントMFBを長押し

※他にも電話の割り込みに対する操作が設定されています。あまり使う機会が無いので主要な機能だけ記載しています。詳しくは「BoseConnectアプリ」の取扱説明書を参照してください。

ボタンが凄く硬いです。

親指と人差し指で挟み込んでやっと押せます。特に「+」と「-」が小さいので少し痛いです。

誤操作の防止になるため、悪いとは言えません。

どう思うかは意見が分かれるところです。

個人的には押す頻度が少ないので、硬くても問題無いです。

Bose SoundSport Freeの評価

音質(高音)4.5
音質(中音)4.5
音質(低音)4
連続再生時間(単体)4
操作性3
コストパフォーマンス3
総合評価3.8

少し前の製品なので、それ以外の性能は最新の物に比べると突出したものが無いですね。

ただ、音質はかなり良いです!

特にバランスが良いので、耳が疲れなくて日常使いに丁度いいです。

Bose SoundSport Freeのまとめ

Bose SoundSport Free」いかがだったでしょうか。

良かったところと、悪かったところをまとめておきます。

ポイント
  • 開放型でスポーツに最適
  • 完全ワイヤレスイヤホンで実現可能なBoseサウンドを実現している
  • 音質が完全ワイヤレスイヤホンでは上位勢
  • 音のバランス感が素晴らしい
  • イヤーチップのウィングの効果で安定した装着感
  • Boseブランドのステータス
  • 開放型のデメリット(音漏れ、没入感の少なさ)がある
  • ボタンが固い
yosh
yosh

返品・返金保証キャンペーンをやっていたので、安心して憧れのBoseサウンドを手に入れたのです!良かったので返品しませんけど!

aisu
aisu

他の製品もあるし、試してみるのはありよね

–この機会にBoseサウンドを手に入れる–
2019年10月1日(火) 00時00分から2019年12月31日(火) 23時59分(日本時間)まで
商品使用後であっても、万一商品にご満足いただけない場合、下記の細則に従って全額返金いたします
Amazonチャージ

◎Amazonギフトチャージのススメ

yosh
yosh

これ普通に知らなくて損してました。プライムの年会費を回収出来るぐらい使ってました・・・。

Amazonギフト券を現金でチャージする」と、最大2.5%のポイントが付与されます。現金とは、コンビニ・ATM・ネットバンクを指します。詳細はこちら

以下のポイント付与率ですので、Amazonプライム会員になった方がお得ですね。

Amazonチャージポイント付与率
ポイント付与率
aisu
aisu

現金で購入して初回チャージで1,000ポイントもらえるじゃん。やっておきなよ。

普段からよく使うならAmazonプライム会員になっておいて、チャージしておく方がお得です。

—BigChance!—

タイトルとURLをコピーしました